乾燥肌ニキビの治し方

ここでは、「乾燥肌ニキビ」のご相談と回答を掲載しております。
乾燥肌ニキビを治す方法として、まず、乾燥肌を改善するケアを行うことが大切です。
下に行くほどご相談日が古くなります。皆様のお役に立てれば幸いです。

女性アイコン なあ 様

2017年8月9日

お肌の悩み相談の質問

こんにちは。高校三年生です。 私は小学校高学年ごろから小鼻の黒ずみに悩まされており、中学生の頃にはニキビや毛穴のつまりも酷くなり、高校生になってからは頬や鼻など顔全体の毛穴の黒ずみ・つまりが深刻になってきている状態です。 また、かなりの脂性肌で、朝起きたら鼻周りがぎとぎと、というような状態です。夏は特に日中のTゾーンの皮脂の分泌量が多いと感じています。これが私の毛穴の汚れの原因だと思っています。乾燥性脂性肌なのではないかと保湿に力を入れてみたりもしましたが、逆効果だったように感じました。 そのほかにも、頰の赤みやおでこ、こめかみ、頰、あごに広がるニキビも気になります。 朝晩、石鹸で洗顔をし、化粧水と乳液をつけると言ったケアをしています。 これらの原因と対策を教えていただきたいです。写真も添付しておきます。

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラーお写真を拝見いたしました。
長く悩んでこられたのですね。拝見する限り、どても酷いニキビがあるという状態ではなく、もともとのお肌は色白で、きめも細かいお肌かと思いますので、お手入れをうまくしてあげることで、状態はよくなっていくと思いますよ。

夏場は、冬場の肌に比べ、夏場のお肌は誰でも、紫外線に対応するために皮膚も厚くなり、汗や皮脂の分泌が増えますので、時期的なものもあって夏場の皮脂量がきになるところもあるかと思います。ただ、毛穴の詰まりが起きているということは、皮脂量が多いことも原因の一つかと思いますので、対策を行っていきましょう。

頬やこめかみにもニキビが多発する場合は、やはり、乾燥が原因であることが多くあります。肌が潤い不足を感じると、皮脂の分泌が増えるだけでなく、乾燥した肌は、毛穴の伸縮も悪くなり、皮脂の排出がうまくできず、毛穴が詰まりやすくなる上、毛穴が詰まって皮脂の行き場がなくなると、皮脂が溜まって盛り上がったような初期のニキビができたり、不要な角質と皮脂が混ざり合って角栓ができ、毛穴を塞ぎ、その表面が酸化して毛穴の黒ずみになってしまったりと、トラブルが増えてしまいます。

ご自身で、乾燥が原因の脂性肌ではないかと考えられたようでございますが、おそらく、そのお考えは間違っていないと思います。皮脂は、肌トラブルの原因になることもありますが、毛穴の汚れというわけではありません。皮脂は、天然の保湿クリームの役割を担っており、肌が乾燥していれば、肌を保護するために分泌が増えます。保湿ケアをされてもうまくいかなかったとのことでございますが、おそらく、方法がその時のお肌に合っていなかったのだと思います。

今のお肌に必要な潤いは、油分ではなく、水分です。
まずは、正しい洗顔で汚れをきちんと落とし、保湿製品が力を発揮しやすい状態を作りましょう。ご使用の洗顔石鹸は、弱アルカリ性の石鹸ですか?洗顔用のソープとして販売されているものでも、弱アルカリ性の石鹸ではないものもありますから、成分を確認してみてくださいね。角栓による毛穴の黒ずみが気になる場合には、週に数回、スペシャルケアとして、ホットタオルで毛穴を緩めてからクレンジングで汚れを浮かせたり、酵素の入った洗顔料を使ってみられてもよいかもしれません。

そして、洗顔後の保湿が今のお悩みを脱するポイントになってくるかと思います。化粧水をたっぷりと使い、重ね付けしましょう。化粧水をつける際は、ただ肌を濡らすような感覚ではなく、手で押さえるようにして、丁寧に肌に広げます。化粧水をつける⇒少し待つ⇒化粧水をつける⇒少し待つ、という具合に複数回行い、しっかりとお肌に水分を与えて整えましょう。

その後、保湿剤で潤いをキープするようにするのですが、この際に、乳液やクリームといった油分の多いものは毛穴詰まりの原因となることもありますので避け、オイルフリーのジェルや美容液などを選ばれてくださいね。

肌の水分不足が解消され潤いが出てくれば、皮脂の過剰分泌も減りますし、肌に透明感が出てきたり、毛穴が目立ちにくくなったり、肌のバリア機能が向上して、ニキビができにくくなっていくなど、嬉しいことが増えていくと思いますよ。

また、スキンケアと同じように大切なのが、お身体のケアです。お肌のお身体の一部ですから、ニキビや皮脂が出やすくなる原因に、お身体の状態も関わってきます。特に、こめかみあたりに、小さなニキビがプツプツと出ているようなときには、睡眠不足が影響していることも大きいですし、口回りであれば、胃腸のお疲れ、おでこであれば、便秘など腸の働きが影響してくるとも言われています。鼻回りの皮脂が異常に多く感じたり、小鼻のキワに赤みがある、皮膚がめくれやすい、といったときには、亜鉛が、肌の色がよくない、なんだかだるい、毛穴が目立つ、といったときには、鉄が、少し不足がちであることもあります。

ビタミンやミネラル、お肌の基となるタンパク質をしっかりと摂ること、身体をしっかりと休めること、ストレスをためないこと、このようなことも、お肌のケアに大切なことになって参りますので、併せてできることから試してみてくださいね。



そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!

女性アイコン かん 様

2017年8月8日

お肌の悩み相談の質問

大学一年生です。 高校生のときからおでこにニキビができ ずっと治らないまま、 あごとほっぺたに沢山ボツボツができてしまいました。 化粧もしていませんし、洗顔が落としきれていないと思い、1ヶ月ほど前から洗顔もしていません。 ほんとうに何をしてもなおらず、 新しくできるばかりで 潰してしましました。 やはり皮膚科に行くべきでしょうか?

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー何をしても治らないと、何もしない方がよいのかな、と思ってしまうお気持ち、とてもよくわかります。
お医者様に行かれるのも、大切な選択肢かと思います。ただ、皮膚科に行く前に、できるケアがたくさんあるように思いますし、通院したからといってお薬だけで簡単にニキビがなくなるわけではなく、やはり、毎日のケアをきちんとするということが前提の上での治療になってくるかと思います。まずは、できることを試してしばらく様子をみられ、それでもやはりどうしようもないという時には、お医者様の力をかりてみられてはいかがでしょうか。

まず、もともとはおでこにニキビが出ていた、ということですから、思春期のニキビやホルモンのバランスに伴うニキビが元であったかと思います。その後、顎や頬にも出ていたということですから、最初の原因に加え、乾燥もニキビの原因になっていったのではないかと思います。

ニキビの原因は、洗顔やメイクが影響してくることもありますが、もともとは、皮脂の分泌量に伴うものがほとんどです。皮脂の分泌は、乾燥だけでなく、身体の成長に伴うものや、ストレス、ホルモンのバランスなど、お身体の内側の影響も関係してきます。

今は洗顔もされていないということですが、汚れがきちんと落とせていないということは、やはり致命的でもあります。まずは、正しい洗顔から始めていきましょう。

洗顔は、弱アルカリ性の石鹸を用いて、しっかりと泡立て、皮脂の多い箇所から順に洗い、すすぎを含めて30秒程度の短時間を目安に行うようにします。朝晩2回、きちんと汚れを落とすようにしましょう。

そして、大切なのは、保湿ケアです。きちんと汚れを落とした上で、たっぷりとローションを使って、肌に水分を与え、お肌を整えます。特に、このローションをつける工程は数回繰り返し、たっぷりと肌に水分を与えましょう。そして、その後は保湿剤を使って潤いをキープできるようにします。乳液やクリームといった油分の多いものは避け、オイルフリーの美容液やジェルなどを選ばれるとよいと思います。

洗う、潤す、キープする、この3ステップで構いませんから、必ず毎日行ってくださいね。しっかりとすすげば、洗顔料が肌に残ってトラブルが起きるということはあまり考えなくてよいと思います。むしろ、いつも外気にさらされ続けているお肌を放置するほうがよくありませんから、きちんと洗い、そして、潤す、という作業を続けていってくださいね。

例え、皮膚科に言った場合でも、この基本的なケアができていないと、必ず保湿をしてから使用するといったタイプのお薬が処方されたときに、効果がでにくくなるだけでなく、違うトラブルが起きやすくなってしまいますから、保湿ケアまでは、毎日してみてくださいね。肌に潤いが出てくれば、皮脂の過剰分泌も減ってきますし、毛穴の伸縮もよくなり、毛穴が詰まりにくくなっていきますし、肌に透明感もでて、キメも整っていきますよ。

また、ニキビが気になると触ってしまったり、見栄えが悪いと感じてつぶしたくなりますが、これもまた、お肌によいことではありません。日々のケアをしっかりしていくことで、今あるニキビもコントロールできると思いますから、諦めずにケアしていきましょう。

そして、先にも書きましたが、ニキビは肌や化粧品だけの問題ではありません。きちんと身体を休める、バランスのよい栄養をとる、ストレスをためないようにする、といったお身体のケアも大切です。お肌の身体の一部です。身体を労わることが、肌をいたわることにつながっていきますから、栄養面も含め、しっかりと生活スタイルを整えていってくださいね。

そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!

女性アイコン なっちゃん 様

2017年6月22日

お肌の悩み相談の質問

顔全体のニキビがひどい高校生です。友達と出かける時、私はニキビがあっては写真も撮れないほどなので化粧品でカバーをしているのですが、あまりに凸凹していてひどいので隠しきれません。それでもし化粧しないよりはマシなのでいつもしてしまうのですが、ファンデーションもコンシーラーもニキビを悪化させているように思えてなりません。 それでファンデーションなどをする前にワセリンを塗って成分が浸透しないようにと考えてと最近はそうしています。その方法は効果的なのでしょうか? また、凸凹のひどいニキビをカバーするのにいい方法はないでしょうか。赤みを特に消したいです。また極度の乾燥肌なので保湿も欠かせません。いい方法はありませんか?

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラーニキビを隠したいけど、お肌にはよくないかもしれない、ニキビにお悩みの方がメイクをされる際に陥るジレンマの一つですよね。

ファンデーションやコンシーラーは、ものによって成分も様々です。お肌の負担になるような成分がある場合もありますから、なるべくお肌に優しいものを選ばれてくださいね。メイク前にワセリンを塗られたとしても、時間が経てば、やはりメイク用品と混ざり、お肌に当たることは考えられますし、ワセリンを塗ることで逆に吸気中のちりやほこりを吸着しやすくなり、かえって、お肌に悪影響を与える場合もあります。メイクでニキビをカバーする場合は、どうしてもお肌への負担は避けられませんが、ニキビ肌でも利用しやすいものや、お肌への負担が少ないものを選んで使うようにされてくださいね。赤みを消したい場合には、グリーンのコントロールカラーがおすすめですよ。これを用いた後にファンデーションを使うことで、かなり赤みが目立ちにくくなるかと思います。

そして、最も良い方法は、メイクなしでも気にならないお肌にしていくことかと思います。高校生さんということですから、まだお若く、お肌のもつ本来の力も強い時期ですから、ケア次第では、お肌の状態もよくなりやすいかと思います。

お顔全体にニキビあり、乾燥も酷いということですから、乾燥がニキビの大きな原因になっているかと思います。スキンケアの方法を見直して、まずは乾燥を和らげていくようにしましょう。

洗顔は、弱アルカリ性の石鹸を用いて行い、しっかりと泡立て、皮脂の多いTゾーンから洗い、その後Uゾーンをやさしく洗って、しっかりとすすぎます。この流れを30秒以内を目安に行うようにしてください。そして、洗顔後はすぐに保湿をします。ワセリンも使われているようですが、今のお肌に不足しているのは、油分ではなく、水分かと思います。特にワセリンは、油そのものですから、水分の蒸発を防いだり、バリアを作って刺激の侵入を抑えることは期待できますが、お肌を潤す働き自体はありません。

オールインワンのジェルや、ドロドロとしたテクスチャの化粧水、油分の多いクリームなどではなく、まずは、洗顔後に、たっぷりとローションをつけ、お肌を整えるようにしましょう。ローションをつける⇒浸透タイムと少しとる⇒ローションをつける、といった具合に、何度かローションを重ね付けして、しっかりとお肌の表面に水分を与えます。今のお肌には、グリコール酸やサチリル酸といったような、ピーリング成分が入っているものや、エタノールが入っているような洗顔料や化粧水は避け、炎症を抑える働きや、荒れたお肌を保護する働きのあるものを選ばれるとよいと思います。

その後、保湿剤を用いることで、潤いをキープします。保湿剤は、油分の多い乳液やクリームなどではなく、オイルフリーの美容液やジェルなどを試してみてくださいね。

炎症が抑えられれば、おのずと大きなニキビや炎症を起こしたニキビが減り、お肌の凹凸も目立ちにくくなるかと思いますし、肌の赤みも少なくなっていくと思います。そして、朝晩、きちんと洗顔、保湿ケアを続けていくことで、お肌に潤いが出てきますと、バリア機能が正常に働くようになり、ニキビもできにくくなっていきますし、水分をきちんと保持できるお肌になれば、キメも整い、肌の透明感もでてきて、お肌が明るく見えるようになりますよ。

また、ビタミンB群、亜鉛や鉄といったミネラルを積極的に摂られることで、お肌の状態が随分よくなることがあります。しっかりと飲水することで、身体の水分が不足しないようにすることも忘れないでくださいね。

できれば、メイクを使用しない期間を作って、徹底的にお肌を育てる時間が作れるとよいですが、難しい場合には、メイクをした日には、必ずクレンジングできちんとメイクを落とすようにしたうえで、いつものケアを行ってみてくださいね。メイクなしでお出かけできるよう、応援しております!

そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!

女性アイコン まゆ 様

2016年10月17日

お肌の悩み相談の質問

高校3年です。高校に入るまでニキビができる頻度は、月経前ぐらいだったのですが、 2年生ぐらいから、常に1年中ニキビが顔にある状態になりました。

2年生の時は、頬のニキビがひどく目立っていたのですが、今は少しニキビ跡があるぐらいで、カバーが効くようになってきましたが、 3年になってから、フェイスライン特にちょうど頬骨の当たりにニキビがヒドイです。 一帯的に、赤く炎症していて、痒くなることがあります。 皮膚科には行って、ゼビアックスという薬を処方してもらいました。指示通りに塗っているんですが、長々良くなりません。

朝はぬるま湯ですすいで、夜洗顔をして、乾燥肌なので、化粧水をたくさん肌に染み込ませた後に、DHCのオリーブオイルを塗っています。 夜は23時までには寝ています。

どうしたら、治るまたは炎症が収まるのでしょうか?

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー突然ニキビが酷くなったり、出てくる場所が広範囲になると、とても悲しくなりますよね。
思春期ニキビができ始めた頃と異なり、今のご年齢になられてから状況が変わったということですから、なんらかの原因があるかと思います。
まず、今のニキビがひどい状態になり始めたころに、何か変化がおきる原因がなかったかどうか、振り返ってみましょう。

ニキビの原因は様々で、化粧品や洗髪料を変えた、洗濯洗剤を変えた、といった外的な要因や、ストレス、睡眠不足、食事の内容など、内的な要因が考えられます。ただでさえお忙しく、ストレスも溜まりやすいご年齢ではありますから、心身ともに、ご自身が感じていらっしゃる以上にお疲れなのかもしれませんね。

さて、赤く炎症を起こし、痒みがある状態とのことですから、ムズ痒く感じるような感覚のあった後に、プツプツとニキビが出てくるような状態ではないかと思いますが、いかがでしょうか。このような場合、皮脂が分泌されて、ある程度時間が経ってからの方がかゆくなりやすいように思いますので、午後からや、夕方のほうが、ムズ痒い感じがするのではないかと思います。

頬やフェイスラインにニキビが多く出る場合は、お肌の乾燥と、身体のお疲れが大きな要因になってくるとは思いますので、まずは、スキンケアの方法から見直してみましょう。

乾燥肌なので、朝はお湯のみでの洗顔とのことですが、これはよくありません。睡眠中にも汗をかいたり、皮脂が分泌されますし、目に見えない埃や、寝具の繊維などがお肌についています。汚れはきちんと落とす必要がありますから、朝もきちんと洗浄料を用いて洗顔してみてください。

洗顔は、弱酸性の洗顔フォームやピーリング成分の入った洗浄料を避け、弱アルカリ性の石けんを用いるようにしましょう。しっかりと泡立て、短時間で丁寧に洗います。洗い流し終わるまでを30秒以内で終えるようにしてくださいね。そして、洗顔後はしっかりと保湿をします。これも、朝晩、同じ内容で行ってくださいね。化粧水をタップリつかうことはとても良いと思いますが、配合成分に少し気を付けてみてください。サリチル酸、グリコール酸、といったようなピーリング成分や、エタノールなどの入ったものは、今のお肌の状態には、避けた方が良いかと思います。

そして、化粧水の後は、オイルフリーのジェルや美容液などを使うようにしてみてくださいね。乾燥しやすいと、どうしても油分の多いクリームやオイルなどを使いたくなりますが、油分が多いものを使った上に、朝は水洗顔だけとなると、酸化したした油分を落としきれず、ニキビの原因を作りかねません。油分がないものでも、きちんと保湿できるものはたくさんありますから、見直してみてくださいね。

また炎症が強いときには、保湿だけではなく、炎症を抑える働きのある成分を配合した化粧品が有効です。グリチルリチン酸2Kや甘草エキスという表記の成分は炎症を抑える働きがありますから、試してみてくださいね。炎症のある場所がムズ痒くなったり、熱感のある時には、冷やすことも有効ですよ。

そして、バランスのよい食事や、質のよい睡眠、水分補給をしっかりするなど、身体の内側からのケアも大切にしましょう。ビタミンだけでなく、ミネラルが不足しているときも、お肌トラブルが起きやすくなりますから、鉄や亜鉛といったミネラルなども、積極的に摂るようにしてみてくださいね。

お忙しい毎日の中で、できることは限られているかもしれませんが、可能なことを少しずつでも実践していってくださいね。応援しております!

そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!

女性アイコン みきてぃ 様

2016年5月10日

お肌の悩み相談の質問

はじめまして。私は22歳の女です。 昔はニキビ肌に悩んでいたのですが、ここ3.4年は落ち着き、ニキビ跡も消え、ニキビもたまにできるくらいですぐに治っていました。それが1ヶ月前から右の頬(フェイスラインに近いところ)にぷつぷつと出始めなかなかなおりませんでした。すると2週間ほど前には髪の毛が顔にかかるとかゆくてしかたなくなり、全体的にひりひりしてきました。ネットで調べると症状が化粧かぶれににているのですが赤く腫れているような事はありません。皮膚科に行くとあまり説明もないまま頬の赤みはニキビで薬を出しておきますとロコイド(ステロイド)を処方され、1日2回つけていました。仕事上紫外線を浴びるので全体的に塗っていたところ、頬が赤くひりひりしました。そしてステロイドでニキビができやすくなるらしくなにもなかった目の下の頬にまでぷつぷつと毛穴詰まりらしきものが。怖くなりもう1度皮膚科にいったところ、前より弱いステロイドとひりひりするのにヒルドイドローションをすすめられました。何を塗るのも怖くなり、今は洗顔後なにもつけないようにしているのですが、この方法で治りますでしょうか?また、ステロイドを塗っても悪化しなかったニキビらしきものはターンオーバーで消えるでしょうか。心配で外に出るのも辛いです。

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー何を塗るのも怖い、というお気持ち、とてもよくわかります。
しかしながら、今現在の何もしないでおくというのは、もっともよくないと思いますので、ケアをされることをお勧めします。

まず、拝見したわけではございませんので、推測の域ではありますが、現在のお肌の状況は、ご年齢から考えましても、大人ニキビの可能性が高いのではないかと思います。思春期ニキビと、大人ニキビは、同じニキビといえど、全く別物と思っていいほど症状が異なります。洗顔後の保湿を外してしまいますと悪化の一途をたどりますので、気を付けましょうね。

なにかのはずみで、頬やこめかみを中心にフェイスライン沿いにできる大人ニキビは、非常に治りにくく、厄介です。思春期ニキビのように、おおきく膿んだニキビがTゾーンを中心にできるのではなく、小さく、赤みのあるポツポツが多発し、むず痒さを伴ったり、日によって酷かったり少し良くなったりと、大きく調子が異なるような状態ではありませんか?

これは、ストレスやホルモンのバランス、睡眠不足などに加え、乾燥が非常に大きな原因になります。これだけニキビがでているのだから何も塗らず、ベタつくので保湿も不要なのではないかと思われるかもしれませんが、お肌をもとの状態に戻すためには、保湿が最大のカギとなります。肌のターンオーバーを正常に保つためにも、新たなブツブツを生み出さないためにも、とにかく、保湿が大切なのです。

色々な肌トラブルが重なり、ステロイドが悪かったのでは・・・とお考えかもしれませんが、少し状況を整理してみましょうね。

まず、ヒリヒリの大きな原因は乾燥です。乾燥しやすい状況であったり、保湿不足があったのかもしれませんね。
紫外線も沢山浴びるとのことですが、UVケアは何かなさっていますか?今のお肌の状態ですと、UVケアも抵抗があるかもしれませんが、UV-Bによる日焼けは、短時間で肌表面をこんがりと焼いてしまうようなもので、お肌に大きなダメージを与えます。最も大きな影響は、乾燥です。

そして、乾燥が進んでいきますと、肌は防衛策をとろうとし、まず、足りない潤いを補うために皮脂を分泌します。これが、皮脂腺の狭い頬などでは詰まりを起こしやすく、ニキビの原因になってしまいます。さらに皮脂が酸化すると刺激となり、むず痒さを感じたり、さらにブツブツが増えてしまうといった悪循環が起きてしまいますので、日々の保湿ケアでは、化粧水などでしっかりと水分を補ってあげることと、保湿剤でお肌を守ってあげることを忘れないでくださいね。化粧水は、アルコール分や、ピーリング成分が入っているものは避け、保湿剤はオイルフリーのものがよいかと思います。また、お肌に優しいタイプの日焼け止めで、UVケアもなさってくださいね。

お医者様の説明も少なかった上、ステロイド=怖い、という印象があるかもしれませんが、お医者様の処方は間違っていないのではないかと思いますよ。
ロコイドは赤ちゃんでも処方されることのあるお薬ですし、顔に塗るときによく処方されるものかと思います。長期間の継続使用はお勧めしませんが、痒みを伴うブツブツを一旦断ち切るためにも、一時的にお薬を使って肌を助けてあげることも大切です。お肌に起きた炎症を抑え、通常のケアが行える状態に早く戻せるとよいですね。顔全体に塗っておられたために、薬の基剤となっているワセリンなどが新たなニキビの引き金となってしまった可能性もありますので、お薬は炎症が起きている場所だけに使うようにしましょう。

また、頬の右側だけというのも気になります。ここは、肝臓などにお疲れがあるときに、ブツブツが出やすいといわれておりますが、お酒を飲む機会が時期的に増えていたり、日々ハードワークでお疲れがたまっているようなことはありませんか?また、片方だけピアスを開けた、髪を染めた、洗髪剤を変えた、洗濯洗剤を変えた、そういった、一見、肌には関係の無いようななちょっとしたことが原因で、ニキビが出来たり、湿疹が出たりすることも考えられます。1カ月前に何か原因になるような環境変化がなかったかどうかも、ちょっと思い出してみてくださいね。それが解決の糸口になることもありますよ。


そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!
NHKで紹介された無添加化粧品