あごのにきび ニキビ跡

ここでは、「あごのにきび、ニキビ跡」に関するご相談とプライマリーからのお返事を掲載しております。下に行くほどご相談日が古くなります。皆様のお役に立てれば幸いです。

女性アイコン りー 様

2017年10月23日

お肌の悩み相談の質問

現在高校三年生です。高校一年生の時からおでこ、あご、頰のニキビが治りません。全体的に赤く凹凸があるニキビ、ぷつぷつしたものがあります。サプリメントも使ってみましたが変わりありませんでした。ニキビに効くといわれるものは試してきましたが、薄くなってもすぐにまたひどくなり、新しいニキビができたりします。特に頰のニキビがひどく、気になります。

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー頬のニキビは範囲が広くなる分、目立ちやすい気がして気になってしまいますよね。

ニキビは、年齢が上がるごとに、下に下がってくるといわれ、特に、年齢が上がってから顎や口回りのニキビが気になる方が多いようです。
ニキビはできる場所によって、身体のお疲れの部分の影響や、ホルモンのバランスなどの影響が考えられますから、一つずつ見ていきましょうね。

様々なケアをしてこられたようですが、よくなっても、また悪くなってしまう、という繰り返しの面があるようですから、月経周期の影響も大きいのかもしれません。

まず、スキンケアの面ですが、弱アルカリ性の石鹸で洗顔し、きちんと汚れを落とすこと、そして、洗顔後には、丁寧に保湿をすること、ということが大切です。特に、頬のニキビは、乾燥が影響していることが多く、小さなプツプツが多いときには、乾燥がもととなって皮脂の過剰分泌が起こり、乾燥によって肌が固くなり、毛穴の伸縮が悪くなることで、皮脂が溜まってしまい盛り上がった結果プツプツとなったり、それが悪化してニキビに進む、ということが考えられます。

保湿ケアには、ニキビ向けの製品や、さっぱりタイプの化粧水に多い、エタノールや、グリコール酸、サリチル酸といったピーリング成分の入っていない、しっかりとお肌を潤すことができるタイプのものを選ぶようにしましょう。たっぷりと化粧水を使い、何度か重ね付けすることでしっかりとお肌に水分を与えて整えましょう。その後、保湿剤を使って、潤いをキープできるようにするのですが、乳液やクリームといった油分の多いものは毛穴詰まりの原因となることもありますから、オイルフリーの美容液やジェルなどを選ばれてくださいね。

しっかりと潤いのあるお肌になると、頬のニキビは随分落ち着いてくることが考えられますから、まずは、適切なケア製品を用いて、保湿を徹底しましょう。

おでこのニキビについては、思春期にできやすい部分の一つではありますが、便秘しやすい方や、生理前になると、いつもよりも便秘がちになりやすい方などは、この部分にニキビができやすい面があるようです。こちらも、丁寧に保湿すること、そして、食物繊維や水分をしっかりと摂るようにしましょう。

口回りや顎まわりに関しては、ストレスによるホルモンバランスの崩れや、胃腸の働きの低下が影響していることもあります。

お忙しいご年代とは思いますが、可能なときには、しっかりと身体を休めること、湯船に浸かってしっかりと身体を緩め、リラックスしたり、全身の巡りをよくすることなども忘れないでくださいね。

そして、栄養面では、代謝活動に大切なビタミンB群、特に、月経前ニキビが酷くなるようであれば、B2、B6、B12、葉酸といったものを積極的に摂るようにしてみましょう。また、成長期に多く使われる亜鉛、鉄、カルシウムといったミネラルも大切ですから、まずはお食事でまんべんなく取れるようにすること、そして、補助的にサプリメントを使用するなどして、お身体を整えていってくださいね。

どうしても、短期間でニキビを完全になくすことは難しい面がありますが、体の外側、内側、両方のケアを組合せながら、身体を労わっていくことで、随分調子が変わってくると思いますから、諦めずに頑張ってみてくださいね。

そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!

女性アイコン あおい 様

2017年10月16日

お肌の悩み相談の質問

こんちには、中学3年生の女子です。 私は肌が弱くて、ニキビがよくできます。 おでこにはぽつぽつとしたものがあって、丁寧に洗っても治りません。 鼻の角質も、つい気になって出してしまったり、やめようと思っても、それがニキビになったり、やめられません。 それと、2年生くらいまでは普通のニキビだったんですが、最近しこりニキビが出来ます。 しこりニキビかもよく分からないんですが、顎や口周りに皮膚の内面から固めのニキビが出来ます。 でも最後は白い芯が見え始めて、赤くて目立つし、つい潰してしまいます。 治っても次のものが出来たり、キリがありません。 現在も顎に1つ、そして鼻の下に1つと、そのすぐ下に潰してしまったものが1つあります。 母はしっかりスキンケアすれば治ると言っているんですが、一向に治りません。

私のスキンケアは、メンソレータム アクネス 薬用クリーム洗顔で顔を洗い、ナチュリエのハトムギ化粧水を付け、同じくナチュリエのハトムギ保湿ジェルを付けで終わりです。(朝夜)

中3というこで、色々な行事ごとで写真を撮って、アルバムに残ったりして、一生モノなのに汚い顔で写りたくなくて、それでストレスが溜まって余計に肌が荒れます。 今まで色々な化粧水や洗顔を試してみましたが、効果はあまりありませんでした。 それに母もあんまり乗り気で相談に乗ってくれなくて、どうしたらいいか分かりません。

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラーニキビケアは、周囲の理解や協力が少ないと、とてもお辛いお気持ちになられることと思います。
中学校最後の学年、できるだけストレスなく過ごせるように、お肌をケアしていけるとよいですね。

朝晩のケアはきちんとされているようですから、この習慣は是非続けていってくださいね。ただ、現在使用しているものでも、あまりお肌に変化を感じられていないようですから、少しケアを見直してみましょう。

まず、洗顔の際に、予洗いはきちんとしていますか?洗顔の水温はいかがでしょうか?
洗顔の際の水温は、低すぎると汚れが落ちにくくなりますし、高すぎると必要な皮脂まで落としてしまいかねません。32℃程度のぬるま湯がベストだといわれていあすので、ぬるま湯を使い、洗顔料を使う前に、10回程度すすぎ、予洗いをしましょう。

洗顔は、弱アルカリ性の石鹸がおすすめです。しっかりと泡立て、皮脂の多いTゾーンから洗い、最後にUゾーンと進んで、短時間で丁寧に洗い、しっかりとすすぐようにしましょう。石鹸で洗顔することで、不要な皮脂や角質汚れがきちんと落とせると、角栓の基となるものも少なくなりますよ。

化粧水は、たっぷりと使います。何度か重ね付けして、しっかりと水分でお肌を整えましょう。その後、保湿剤を使う、というステップでよいかと思います。特に水分をしっかりと与えることで、お肌に潤いが出てくると、皮脂の過剰分泌も減りますし、毛穴も詰まりにくくなります。

そして、スキンケアと同じくらい大切なのが、お身体の内側からのケアです。
口回りや顎付近に、芯のあるような大きなニキビができる状態ということですから、スキンケアだけの問題ではなく、体調などの影響も大きいと思います。
口回りにニキビができるときには、胃腸の調子がよくなかったり、ターンオーバーが乱れがちだったり、といったことも考えられます。特に、中3ということですから、ご自身が思っていらっしゃる以上に、ストレスを感じやすいご年代でもあります。

ストレスを感じれば、胃腸の働きも悪くなりますし、睡眠の質が悪くなったり、身体の疲れがとれにくくなれば、内臓の負担も大きくなりがちです。
睡眠はしっかりととれていますか?ストレスが多くなってはいませんか?

お肌もお身体の一部ですから、今は、スキンケアよりも、お体全体のこととして捉え、可能なときには、しっかりと休養をとる、湯船に浸かってしっかりと身体をほぐす、バランスよく食べる、といったことなどを大切にしていきましょう。得に、亜鉛、鉄といったミネラル、ビタミンB群などが不足しないよう、気を付けてみてください。

お体の内側からのケアに目を向けることで、随分とお肌の調子もよくなっていくと思いますから、お食事の管理などが難しいときには、サプリメントを補助的に利用するなどして、お肌だけでなく、お身体全体と向き合ってみてくださいね。残り少ない中学生活が楽しいものとなるよう、応援しております!

そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!

女性アイコン ゆゆゆ 様

2017年4月24日

お肌の悩み相談の質問

メイクを毎日するようになって約2週間ぐらいなんですけど顎と鼻の横、おでこ(顔の中心少しずれたライン)にニキビよりは小さいブツブツができてきました。メイク(ファンデーションがわりにBBクリームのみを直接肌に塗っているのでBBクリーム)が原因なのかなと思い休みの日はメイクしないようにしているのですが平日はしないわけにもいかず、ブツブツは消えず悩んでいます。なにか治す、増やさない対策はありますでしょうか?

もうひとつ、いつもメイクをメイク落とし兼洗顔料で落としているのですがマスカラが完璧に落ちきらずに悩んでいます。やはりメイクが落ちきらないことは今後肌に影響してきますか?

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー女性にとってお化粧は、身だしなみであり、楽しみでもありますが、ちょっとしたお肌のトラブルの原因になってしまうこともありますね。

ブツブツのお悩みについては、BBクリーム自体がお肌に合わないということではなく、毛穴を詰まらせてしまう状況が生まれていることが原因なのではないかと思います。

そして、メイク落としについても、疑問を感じていらっしゃるようですから、それが一番の原因なのかもしれません。

メイクがきちんと落とせていない状態は、お肌への影響も大きく、お若いうちには気にならないようなお悩みが、年齢を重ねてから出てきやすくなることも考えらえます。お肌は、何かを付けることよりも、落とすべきものをきちんと落とすことが大切ですから、クレンジングを見直してみましょう。

通常、簡単なメイクであれば、洗顔だけで落とせるものもありますが、マスカラが落ち切らない状態ということであれば、その他のメイクもきちんと落とせていない可能性があります。ブツブツでお悩みの箇所は、もともと毛穴の詰まりが起きやすかったり、汚れが落としにくかったり、皮脂の多い場所でもありますから、洗顔料とは別に、クレンジングを試してみてくださいね。

ただし、クレンジングも、タイプによって様々です。落とす力が強いほど、お肌への負担も大きくなります。お肌への負担が最も少ないのは、オイルフリーのジェルタイプのものになりますが、ウォータープルーフタイプのマスカラや、油分の多いクリームやリキッドタイプのファンデーション、口紅などは落とせないこともあります。クリームタイプのものは、油分が入っているものがほとんどですから、あまり神経質になる必要はないと思いますが、お肌への負担を少なくしたい場合には、パウダータイプのファンデーションに切り替えられてもよいかもしれません。そして、メイクをした日には、必ずクレンジングでメイクを落としてから洗顔をするようにしましょう。クレンジングで落とせれば問題ありませんが、マスカラなどが部分的に残ってしまうようであれば、ポイントメイク用のリムーバーを使用することもおすすめです。

どうしてもクレンジングを使用したくない、という場合には、弱アルカリ性の石鹸でのW洗顔、また、酵素の入った洗顔料などであれば、通常の洗顔料に比べ、汚れが落としやすいかと思います。

大切なのは、メイクの強さと、クレンジング、もしくは、洗顔料の落とす力に差を生まないことです。ハードなメイクをするのであれば、それに見合った洗浄料が必要ですし、軽いメイクであれば、W洗顔で落とすこともできますから、ご自身のライフスタイルや、メイクのアイテム、お肌の状態などと相談しながら、落とすべき汚れはきちんと落とし、洗顔後はしっかりと保湿ケアを行って、お肌を労わってあげてくださいね。

そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!

女性アイコン 楓 様

2017年4月21日

お肌の悩み相談の質問

いま私は高校2年生なんですが、 小学校の時からポツポツニキビというよりは1個1個大きいニキビがおでこと鼻と顎に出来はじめ、治っても芯が残っているような感じでまた同じ場所に出来るし痛みや腫れがなくても赤みだけがあったり高校受験の時のストレスで更に増え、今まで出来たことのなかった頬にまで大きいのが何個か出来てしまいました。 しかも、小学校生のときニキビについて知識がなく白ニキビになると潰してしまったこともあるためあとが沢山あります。 また、鼻と鼻周りの頬のところの毛穴開きと黒ずみが凄くて化粧をしても隠れません。化粧が良くないということも分かっているのですが何もしないままだと出歩くのも辛いです。 ニキビの治し方や毛穴の引き締め方など色々調べて、保湿が大事ということが分かったのですが具体的にどうすればいいか分かりません。 いま私は炭入りのあまり泡立たない洗顔とジェルタイプの化粧水を使って顔がテカるくらいに塗ってプレスして馴染んだらまた塗ってを3回ほど繰り返しています。 小学校のころから治らないニキビと酷くなっていく毛穴の開きと黒ずみにずっと悩んでいます。 ご回答よろしくお願いします。

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー長らくニキビに悩んでいらしたのですね。少しずつでも、お悩みが減っていくよう、頑張りましょうね!

ポツポツとしたニキビよりも、大きなニキビができやすいということですから、肌の内部で炎症を起こし、化膿して大きく腫れ、痛みや、熱間、痒みなどを伴うことの多いニキビなのではないかと思います。このタイプのニキビはしこりや、ニキビ跡が残ってしまったり、なかなか治りにくいので、とてもお辛いことと思います。

沢山の努力をされ、保湿の重要性まで理解されている状態ですから、適切なケアをすることで、お肌の状態を随分変えることができるかもしれませんから、諦めずに試してみてくださいね。

まず、洗顔ですが、弱アルカリ性の石鹸を用いるようにしましょう。そして、泡立てることはとても大切です。泡をクッションと考えて、お肌への摩擦を減らしながら、きちんと洗うようにしましょう。洗う順も、皮脂の多いTゾーン、おでこ⇒鼻筋⇒顎と洗い、その後、皮脂の少ないUゾーンを洗うようにします。顔に泡をのせてから、洗い流し終わるまでを30秒程度の短時間で行うようにします。

お化粧もなさっているということですが、きちんとクレンジングはされていますか?毛穴の開きや汚れも気になる状態の時には、ファンデーションやクリームなどが毛穴に落ち込んでしまうことも考えられますから、きちんとクレンジングでメイクを落としてから、洗顔をするようにしましょう。クレンジングは、お肌に負担の少ない、オイルフリーのジェルタイプがおすすめです。軽めのメイクであれば、石けんでの2度洗顔でもよいかもしれません。使っておられるメイク用品の成分に併せて、どちらにするか決めてみてくださいね。

また、洗顔時の水温も重要です。洗顔に適切なのは、32℃程度のぬるま湯だと言われています。水温が高すぎると必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥しやすくなりますし、水温が低すぎると汚れ落ちが悪くなってしまいますから、お風呂のお湯よりも、少しぬるいかな?と感じる程度の水温で、洗顔するようにしてくださいね。

そして、保湿ですが、洗顔後、水分をタオルで拭きとったら、すぐに行うようにしましょう。可能であれば、化粧水と保湿剤を使い分けるようにしてみましょう。化粧水は、サラサラのものから、ドロッとしたものまで、そのテクスチャは様々ですが、その保湿力はあまり変わりません。ニキビ向けの製品に多い、グリコール酸や、サリチル酸、AHAなどのピーリング成分が入ったものは避け、肌を修復したり、炎症を抑える働きのある成分がはいったものを選びましょう。できれば、ジェルタイプではなく、ローションタイプのものをたっぷりとつけ、なじませる、という作業を数回繰り返して、しっかりとお肌に水分を与え、お肌を整えましょう。その後、保湿剤でお肌の潤いを保つようにします。乳液やクリームといった油分の多いものは、毛穴を詰まらせてしまう可能性もあるので、オイルフリーのジェルや美容液がおすすめです。

普段のスキンケアは、これくらいで十分かとおもいます。もし、角栓などが気になるときには、週に1~2回、スペシャルケアとして、ホットタオルや湯船に使ってしっかりと肌を緩め、その後、タンパク汚れを分解する働きのある、酵素の入った洗顔料を使われるとよいかもしれません。

そして、最も大切なのは、スキンケアではなく、お体全体のケアです。
毛穴の開きがどんどん進み、気になっているという時には、肌の乾燥も原因の一つになりますが、鉄分が少し足りない、という場合もあります。顔色があまりよくない、疲れやすい、なんとなく身体がだるい、爪が白かったり、割れやすい、というようなこともあれば、お食事の中で鉄分を意識して摂るようにしましょう。もともと、鉄は吸収があまりよくない栄養素ではありますが、野菜類などに含まれている非ヘム鉄よりも、牛肉やレバー、しじみやあさりなどに含まれているヘム鉄の方が吸収が良いといわれていますので、おすすめです。

また、代謝活動に大切なビタミンB群もしっかりと摂るようにしましょう。基本的に、ビタミンB群は相乗効果を持って働きますから、まんべんなく摂ることがお勧めですが、中でも、脂質の代謝や、皮膚や粘膜の代謝に重要なビタミンB2、タンパクの合成や脂質の抗酸化などに重要なビタミンB6、造血に大切な、ビタミンB12、葉酸などは、非常に大切です。

私たちの肌だけでなく、身体は、日々の食事から作られます。お肌のトラブルも、お体全体のこと捉えてケアすることで、より早く、お悩みから抜け出すことができることも多いですから、お忙しかったり、苦手な食べものがある場合などは、サプリメントなどを利用するなどして、成長期に必要な栄養をしっかりと摂るように心がけてみてくださいね。

まだまだ、新陳代謝も活発で、若くて美しいお肌を維持できるご年齢ですから、お化粧名なしで自信の持てるお肌を目指して、頑張ってくださいね!

そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!

女性アイコン れんか 様

2017年3月17日

お肌の悩み相談の質問

2年くらいずっと口周りニキビに悩まされています。 食生活に気をつけても何を試してもひとつも良くなりません。 助けてください。

(※お写真つきでご投稿頂きました)

 

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラーお写真を拝見いたしました。口回りのニキビは、大きくなりやすく、しぶとい面もありますので、とても気になられることと思います。

ニキビは、年齢によって出る場所が変わってくるといわれ、年齢が上がるにつれ、お顔の下の方に出やすい面があるようです。2年前からとありますが、その頃に大きく生活スタイルが変化したり、お引越しをされたり、急にお忙しくなったなど、何か原因になるようなことはありませんか?もし、何か思い当たることがあれば、改善にも役立っていくと思いますから、少し、思い出してみてくださいね。

食生活も気を付けられ、色々と試されていても結果がでないと、とてもお辛いことと思いますが、諦めずに頑張りましょうね。

まず、スキンケアの面ですが、正しい洗顔、丁寧な保湿を徹底するようにしましょう。洗顔は、弱アルカリ性の石鹸を用いるようにしましょう。必要な皮脂まで落としてしまわないよう、短時間での洗顔にし、その中でも丁寧に洗顔をするようにします。そして、お肌の油分が少し多いように思いますから、保湿が不足している可能性もあります。洗顔後はすぐに保湿をするようにしましょう。しっかりと潤う化粧水を選び、たっぷりと化粧水をつけてお肌を整えましょう。化粧水の後には、保湿剤を用いますが、乳液やクリームといった油分の多いものは避け、オイルフリーのジェルや美容液を使われるとよいと思います。炎症を抑える働きや、お肌の荒れを保護するような成分が含まれているものがおすすめです。

そして、食生活の面も大切にはなって参りますが、ニキビがあることだけでなく、お食事の管理までもがストレスにならないように心がけてくださいね。
ニキビが気になると、デトックスしなくては、ビタミンをとらなくては、とお野菜を中心としたお食事にされる方も多いですが、代謝活動等に重要なビタミンB群は、肉や魚といった動物性食品や、卵、豆類などに多く含まれます。このような食材で併せて摂れるたんぱく質も、お肌の基となる大切なものになりますから、しっかりと摂るようにしてくださいね。また、亜鉛、鉄などといった、ミネラルも大切です。バランスよく摂ることが大切ですから、気を使い過ぎるあまり、偏った内容にならないようにしましょうね。お忙しく、お食事をうまく調節できないときには、サプリメントを補助的に使われてもよいかもしれませんね。

また、口回りのニキビは、ホルモンバランスの影響だけでなく、胃腸のお疲れなどの影響がある場合も多くございます。日々のお疲れやストレスは身体に影響を及ぼし、特に胃腸は影響を受けやすい面もございます。ニキビを肌の問題ではなく、お体全体のものと捉え、しっかりとお身体を休めたり、ゆったりとお風呂に使って身体の巡りをよくしたり、ストレスを緩和することも大切ですよ。

お肌の状態は気になりますし、気分を大きく左右しますが、悲観的になりすぎず、毎日を楽しく過ごしながらケアを続けられてくださいね。

そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!
NHKで紹介された無添加化粧品