永久保存版-過去の特集一覧

アーカイブ

タイプ別毛穴が目立つ原因

2019年2月15日

 

 先週は効果的な対処法を探るために、
 自分の毛穴が何タイプなのかを見ていきました。
 今週は、タイプ別の毛穴が目立ってしまう原因について
 ご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

 

 ■ 毛穴が目立つ原因

 

 毛穴が目立つ原因は、そのタイプごとに違います。
 原因を知ることで、どのようなケアが効果的なのかを
 知ることができますよ。

 

 <開き毛穴タイプ>

 

 皮脂が過剰に分泌されることによって、
 毛穴の周辺に不完全な角質が蓄積することで
 開いた状態になります。

 

 普段からベタつきやテカリに悩まされる
 オイリー肌の方だけでなく、乾燥しているのに
 テカりが気になるという方にも多く見られ、
 お肌の水分と油分のバランスが崩れることも
 開き毛穴の原因になります。

 

 お肌のうるおいバランスを整えるためにも、
 余分な皮脂を取り除いて、たっぷりと
 うるおいを与える保湿ケアを行うことが基本です。

 

 <黒ずみ毛穴タイプ>

 

 過剰に分泌された皮脂と、古い角質が混ざり合った
 角栓が毛穴に詰まってしまっている状態です。

 白っぽい角栓の表面が酸化すると黒っぽく

 見えるようになり、余計に毛穴が目立ってしまいます。

 

 ターンオーバーが乱れて古い角質が長期間留まっていたり、
 間違った洗顔で汚れや皮脂を落としきれていなかったりして、
 毛穴がふさがってしまうことにより起こります。

 

 ふさがった毛穴を解消し、つまりの原因にもなる古い角質を
 落とすためには、丁寧なクレンジングと洗顔が基本です。
 ターンオーバーの周期を整えるためにも、保湿ケアを十分に
 行うことも忘れずに。

 

 <たるみ毛穴タイプ>

 

 肌のハリや弾力が失われることによって、毛穴が重力によって
 下に引っ張られることで広がっている状態です。

 

 年齢を重ねることによってハリが不足することが
 原因だと考えられますが、それ以外にも年齢に関わらず
 肌の乾燥もたるみ毛穴を加速させると言われています。

 

 まずは肌のふっくら感を取り戻すためにも、たっぷりと保湿を
 することが重要です。
 さらに、エイジングサインをケアできる成分を取り入れるのも

 おすすめです。

 

 いかがでしたか?
 それぞれの毛穴タイプの原因がわかれば、
 どんなケアが必要なのかもわかってきますよね。
 
 来週はタイプ別におすすめのケア方法を
 詳しくご紹介いたしますので、お楽しみに♪

毛穴が目立つ…あなたは何タイプ?

2019年2月8日

 

 夏は気温が高く汗や皮脂の分泌も
 活発なので毛穴が開きやすくなります。
 でも、寒い今の時期にも毛穴が開いたり
 黒ずんだりしている…と感じる方が多いようです。

 

 一言で「毛穴が目立つ」言っても、
 その原因によっていくつかのタイプに分かれます。
 そこで、まずは自分が何タイプなのかを知って
 効果的な対処法を探してみましょう。

 

 ■ あなたの毛穴は何タイプ

 

 それぞれの項目で当てはまるものをチェックし、
 どのタイプのチェックが多いかであなたの
 毛穴タイプがわかります。

 

 <Aタイプ>
 □ 顔がテカリやすい
 □ Tゾーンの毛穴が目立つ
 □ お菓子、油物、ジャンクフードが好き
 □ ニキビができやすい
 □ 毛穴に白い塊が見える

 

 <Bタイプ>
 □ 毛穴を触るとざらついている
 □ 小鼻の毛穴が目立つ
 □ クレンジングや洗顔が適当になりやすい
 □ 毛穴だけでなくくすみも気になる
 □ 肌が硬くごわつきを感じる

 

 <Cタイプ>
 □ どちらかというと乾燥肌
 □ 頬など広いエリアで毛穴が目立つ
 □ 肌にハリを感じられなくなった
 □ エイジングケアはしていない
 □ タバコを吸う

 

 ・Aタイプの数が多かった方
 あなたは「開き毛穴タイプ」です。
 毛穴は本来開いたり閉じたりしますが、
 開いたままの状態になってしまうことで
 凹みに影ができて目立つようになります。

 

 ・Bタイプの数が多かった方
 あなたは「黒ずみ毛穴タイプ」です。
 皮脂やメイクなどの汚れが肌に残り、
 毛穴に詰まって酸化することで角栓ができ、
 毛穴が黒く目立つようになります。

 

 ・Cタイプの数が多かった方 
 あなたは「たるみ毛穴タイプ」です。
 肌の老化によって皮膚がたるむと
 毛穴が引っ張られて細長く開いてしまいます。
 毛穴の周りが凹んでぼこぼことした
 見た目になることもあります。

 

 いかがでしたか?
 自分の毛穴のタイプがわかったら
 それにあった対策をしていくことが重要です。
 
 来週効果的な毛穴対策を行うために
 それぞれのタイプの原因を
 詳しくご紹介いたしますので、お楽しみに♪

みかんのオススメの食べ方

2019年2月1日

 

 先週はみかんに含まれる栄養素と
 美容や健康への効果についてお届けしました。

 今回は、よりその効果を発揮するための
 オススメの食べ方についてご紹介いたします。

 

 ■ みかんのオススメの食べ方

 

 <食前、空腹時に食べる>

 

 みかんを食後のデザートにするとう方も
 多いでしょうが、みかんは「食前」や
 「空腹時」に食べるのがオススメです。

 

 生の果物には酵素が豊富に含まれているので
 消化も良く、食べてから30~40分程度で
 胃から腸へ流れていきます。

 

 また、血糖値の上昇が緩やかになり、
 満腹感もあるので食べ過ぎず脂肪がつきにくくなる
 効果も期待できるんです。

 

 <スジや内袋も一緒に食べる>

 

 みかんの栄養素は白いスジや内袋にも
 豊富に含まれているので、取らずにそのまま
 食べるようにするのがオススメです。
 
 <食べ過ぎには要注意>

 

 ローカロリーなみかんですが、糖分が多いので
 食べ過ぎには注意しましょう。
 手軽に食べられるので、つい手が伸びてしまいますが、
 多くても1日3個程度までにしておきましょう。

 

 ■ みかんは皮も使える!

 

 みかんを食べると出る外皮も
 そのまま捨ててしまうともったいないです!

 

 よく洗ってから風通しの良い場所で
 カラカラになるまで乾かしておきましょう。

 お風呂に入るときに布袋などに入れて浮かべると、
 みかんの皮に含まれる精油成分「リモネン」が
 お肌の潤いを保ちながら湯上りの温かさを
 長く持続させてくれるんですよ。

 

 いかがでしたか?
 旬のみかんをおいしく食べながら、
 キレイや元気に役立ててみてくださいね。

 

 来週もお肌のために役立つ情報をお届けしますので、
 お楽しみに♪

冬に美味しいみかんの驚くべき効果

2019年1月25日

 

 寒い季節にはこたつに入ってみかんを食べるという
 方も多いのではないでしょうか?
 今の季節旬を迎えるみかんは、美味しいだけでなく、
 健康や美容に嬉しい効果がいっぱいなんです!

 

 そこで、今回はみかんの驚くべき効果について
 ご紹介いたします。

 

 ■ みかんに含まれる栄養素と効果

 

 <食物繊維>
 水溶性の食物繊維「ペクチン」は脂肪の吸収を抑え、
 コレステロール値を下げてくれる働きもあります。

 

 白い筋や薄皮に多く含まれる不溶性食物繊維
 「セルロース」「リグニン」は、水を含むことで
 お腹の中で膨らみ、満腹中枢を刺激してくれるので、
 食べ過ぎを防ぐこともできます。

 

 また、便を柔らかくして量を増やし、出しやすく
 してくれるので、便秘解消に役立ちます。

 

 <シネフリン>
 柑橘類に多く含まれるシネフリンは、筋トレ系や
 ダイエット系のサプリにも多く使用されています。
 脂肪の燃焼率をアップし、脂肪の分解を促進して
 くれるので、ダイエットに役立ちます。

 

 <クエン酸>
 みかんの酸味のもとであるクエン酸は、
 糖質を分解して燃焼させてくれるだけでなく、
 新陳代謝をアップさせてくれます。

 

 <ビタミンC>
 免疫を高めてくれるので、風邪予防に役立ちます。
 また、美白・美肌成分としても知られ、
 ターンオーバーも促進してくれるので、
 健康的な素肌を保ちたい方にオススメです。

 

 <リモネン>
 血行を促進してくれる働きがあるので、冷え性の
 解消に役立ちます。
 血行が良くなると、栄養素や酸素が隅々まで
 運ばれるようになるので、美肌にもつながります。

 

 <ヘスペリジン>
 毛細血管を強化して、血管年齢を若返らせる働きがあり、
 高血圧や動脈硬化をのリスクを低下させてくれます。
 血流改善効果もあるので、冷え対策にも有効です。

 

 いかがでしたか?
 さっと皮をむいて手軽に食べることができるみかんには
 栄養が豊富でたくさんの嬉しい効果があるんです。

 来週は、みかんの健康・美容効果をより発揮させる

 

 オススメの食べ方についてご紹介いたしますので、
 お楽しみに♪

白湯の正しい作り方と飲み方

2019年1月18日

 

 先週は美容に嬉しい白湯の効果についてお届けしました。
 今週は正しい白湯の作り方や、おすすめの飲み方に
 ついてご紹介いたしますので、参考にしながら
 ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 ■ 正しい白湯の作り方

 

 白湯はただ水を沸かせば良いわけではありません。
 正しい作り方をすれば、より美容・健康効果を
 発揮してくれるるんですよ。

 

 白湯を作るときに使う水は、水道水でOKです。
 ミネラルウォーターを使うときには軟水を
 選ぶようにしてください。

 

 【白湯の作り方】

 

 ・やかんに1リットルくらいの水を入れて強火にかける
 ・沸騰したら、やかんのフタをとる
 ・弱火にして10~15分程度、沸かし続ける
 ・そのまま50度前後まで冷ます

 

 たくさん作って保温ポットに入れておくと
 毎回沸かす必要がないので便利ですよ。

 

 なんで10分も沸かすの?と思うかもしれませんが
 水道水には消毒のために「塩素」が使われています。
 塩素は水の中にある成分と反応し、人体にとって悪影響を
 与えるとも言われる「トリハロメタン」を作ります。

 このトリハロメタンは沸騰することで最も増えると
 言われていますが、10分以上沸騰させることで
 トリハロメタンを取り除くことができるのです。

 

 ■ おすすめの飲み方

 

 白湯を飲むときには少しずつすするようにして
 時間をかけて飲むようにしましょう。
 1杯分を150mlくらいずつにして、
 1日分の目安として700~800ml飲みましょう。

 

 【起床後】

 

 朝起きたときに、まず1杯の白湯を飲むのがおすすめです。
 体を温めて活性化してくれますし、寝ている間に失われた
 水分の補給にも役立ちます。

 胃腸の動きも活発になるので、自然なお通じが起こりやすく
 便秘の解消にもつながります。

 

 【食事の前】

 

 食事の30分前くらいに飲むのもおすすめです。
 消化器官が活発になるだけでなく、
 満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防いでくれます。

 食事中や食後に多く水分をとると、消化液が薄まって
 体に負担をかけてしまうので、避けてくださいね。

 

 【就寝前】

 

 白湯を飲むと体温が上がります。
 その後ゆっくりと体温が下がることで
 自然に眠りにつきやすくなります。

 寝る前の水分補給は大切ですが、
 飲みすぎると夜トイレに行く回数が増えるので、
 寝る1時間前くらいに150mlを目安にしてください。

 

 いかがでしたか?
 水を沸かすだけなのでお財布にも優しく、
 簡単に始めることができますよ。
 白湯の効果を取り入れて、この冬も
 ポカポカイキイキ過ごしてくださいね。

 

 来週もお肌のために役立つ情報をお届けしますので、
 お楽しみに♪

殿堂入りメルマガ
メルマガ購読・解除(無料)
 
  • top_ts_350_135
  • 7万人の声から生まれたニキビ石鹸