永久保存版-過去の特集一覧

アーカイブ

二重あごにもタイプがある?

2018年3月30日

 

 写真を撮ったときなんかに二重あごになっているとがっかりしますよね?
 二重あごを解消するためにも、まずは原因を知ることで大切です。
 そこで今日は、二重あごになってしまう原因についてご紹介します。

 

 ■ 二重あごの3つの原因

 

 二重あごになる原因は大きく分けて3つあります。
 まずは自分がどのタイプなのかを見てみましょう。

 

 【肥満タイプ】
 ・普段から運動はしない
 ・マッサージやストレッチは普段からしない
 ・甘いものや味の濃い食べ物を良く食べる

 

 このような人は、肥満が原因で二重あごになりやすいです。
 皮下脂肪が増加するとリンパの流れが悪くなり、むくみやセルライトとして
 現れ、二重あごになりやすいのです。

 

 【たるみタイプ】
 ・食事のときによく噛まない
 ・ガムや煎餅を食べる機会が少ない
 ・話すときに口をあまり開けないで話す
 ・首をつまむと皮が伸びる

 

 このような人はたるみが原因で二重あごになりやすいです。
 普段から首回りの筋肉を使わないと、筋肉は弱りたるんでいきます。
 また、老化に伴ってだんだんと筋肉は弱っていくので、年齢を重ねると
 たるみが出やすくなります。

 

 【姿勢タイプ】
 ・猫背
 ・普段からパソコンをよく使う
 ・首や肩・背中が凝っている
 ・正しい姿勢を保とうとすると疲れる

 

 この様な人は、姿勢が原因で二重あごになりやすいです。
 パソコンで作業をしているときの姿勢や目からくる肩こり・首こりなどが
 強くなると、首が前傾して猫背になりやすくなります。
 猫背になると顎の周りの筋肉の働きを妨げ、二重あごになりやすいのです。

 

 いかがでしたか?
 それぞれの原因で当てはまるものを改善することで、
 二重あごになりにくく、改善していくことができるのです。
 来週は二重あごを解消し、すっきりとしたフェイスラインを目指すために
 効果的なストレッチをご紹介しますので、お楽しみに♪(*´▽`*)

 

正しいクレンジングはスキンケアの第一歩

2018年3月23日

 クレンジングはメイクや皮脂汚れを落とすために行いますが、
 ただメイクが落ちればいいというわけではないんです。
 間違った方法は肌への負担が大きく、トラブルの原因になることも…
 そこで、今回は正しいクレンジングのポイントをご紹介いたします。

 

 ■ クレンジングのポイント

 

 <ゴシゴシしない>
 しっかりメイクを落とそうとついゴシゴシしていませんか?
 摩擦が大きいと皮膚を傷つけてしまったり色素沈着してしまったり
 トラブルの原因につながりますので、力を入れずに優しくメイクと
 なじませるようにしましょう。

 

 <クレンジング料の分量は守って>
 もったいないからとクレンジング料を少量で済ませようとすると
 指の滑りが悪くなり摩擦が起こります。
 指定された分量を守って使用してくださいね。

 

 <素早くクレンジング>
 じっくり丁寧にメイクを落としたほうが良いように感じますが、
 クレンジング自体がお肌の負担にもなるので、1分以内を目安に
 しながら素早く丁寧に落とすことが大切です。

 

 <洗い流す時はぬるま湯で>
 熱いお湯ですすぐと汚れがよく落ちそうですが、必要な皮脂まで
 洗い流してしまい乾燥の原因になります。
 反対に冷たい水だと毛穴が閉じてしまい、中に汚れが残ってしまいます。
 なので、クレンジング料を洗い流す時には30度~36度くらいのぬるま湯で
 十分に洗い流すようにしましょう。

 

 ■正しいクレンジング

 

 1.手を洗う
 手に付着している雑菌をお肌につけてしまわないように、
 クレンジングの前には手を洗い水分を拭き取っておきましょう。

 

 2.ポイントメイクは軽く落としておく
 アイメイクや口紅など落としにくいメイクをしている場合には、
 その部分だけ先に軽く落としておきましょう。

 

 3.順番になじませていく
 適量の半分を手のひらにとり、まずは比較的皮脂の多い
 Tゾーンからクレンジングをなじませましょう。
 その次にもう半分を取りUゾーンに、手に残ったクレンジングを
 目元や口元などはなじませていきます。
 指の腹で優しくクルクルと広げていくイメージです。

 

 4.十分に洗い流す
 人肌程度のぬるま湯で手早く丁寧に洗い流しましょう。
 すすぎ残しがあると、お肌への負担になりますので、
 生え際やフェイスラインなども丁寧にすすいでください。

 

 5.洗顔料で洗う
 よく泡立てた洗顔料で優しく包み込むように洗顔しましょう。
 洗顔料もすすぎ残しのないように丁寧に洗い流してください。

 

 いかがでしたか?
 正しいクレンジングでメイクや皮脂汚れを落とすことで
 お肌をリセットすることができます。
 汚れを落として清潔な状態にすることは、スキンケアの基本で
 美肌への第一歩なので、意識して続けてみてくださいね。
 来週もお肌に役立つ情報をお届けしますので、お楽しみに♪(*´▽`*)

日焼け止めの「SPF・PA」ってどういう意味?

2018年3月16日

 

 だんだんと暖かい日も増えてきて、外で過ごすのが気持ち良い季節です。
 ですが、今の時期には思っている以上に紫外線が降り注いでいるので、
 外出時には日焼け止めが欠かせません。
 日焼け止めを選ぶときには、製品に記載されているSPF・PAという
 表示を参考にする方が多いかと思いますが、それぞれの数値は
 どんな意味があるのか知っていますか?

 

 ■ SPFって何?

 

 SPFとは(Sun Protection Factor)の略で、どれくらい
 UVBをカットすることができるかを表しています。
 SPF1は「何もつけていない肌に比べて、20分程度日焼けが始まるのを
 伸ばすことができる」状態です。
 数値が増えるごとに、日焼けが始まるまでの時間を伸ばすことができます。
 例えばSPF15だと、20分X15=300分程度日焼けが始まるまでの
 時間を伸ばすことができます。

 

 ■ PAって何?

 

 PAは(Protection Grade of UVA)の略で、どれくらい
 UVAをカットすることができるかを表しています。
 PAは、++++、+++、++、+の4段階で表され、+の数が多いほど
 UVAを防ぐ力が強いとされています。

 

 ■ どうやって選べば良いの?

 

 紫外線を防ぐ力が強いなら、できるだけ数値の大きなものを
 選んだ方が良いと感じるかもしれませんが、それだけお肌への
 負担も大きくなるので注意しましょう。
 普段使いのものなら、SPF20、PA++程度でOKです。
 こまめに拭き取って塗り直すようにするのがオススメです。

 

 いかがでしたか?
 美白やエイジングケアとして日常的に日焼け止めを使用する方も多く、
 なんとなくわかっていたつもりでも改めて知ると、どんな日焼け止めを
 選べばいいのか判断しやすくなりますよね。
 来週もお肌に役立つ情報をお届けしますので、お楽しみに♪(*´▽`*)

旬を取り入れて美肌力アップ

2018年3月9日

 

 桜の開花予想も出始め、もうすぐ本格的な春がやってきます。
 今の時期、スーパーの野菜売り場にはたくさんの春野菜が並びます。
 春野菜はおいしいだけでなく、美容のための嬉しい効果もあるんです。
 そこで今回は、春野菜の美容効果についてご紹介いたします。

 

 ■ 春野菜の美容効果

 

 冬の厳しい寒さを耐え抜いて成長してきた春野菜には、
 しっかりと栄養成分が溜め込まれています。
 独特な苦みがあるものも多いですが、これは「植物性アルカロイド」に
 よるもので、高い抗酸化力をもち、新陳代謝を促してくれます。
 その他の春野菜にも美容に嬉しい効果がたくさんありますので、
 代表的なものをいくつかご紹介します。

 

 <春キャベツ>
 みずみずしく甘みのある春キャベツには、ビタミンCが豊富で、
 キャベツの葉2枚分で1日に必要なビタミンCを摂取できてしまいます。
 ビタミンCは「美容ビタミン」とも呼ばれているので積極的に摂りましょう。
 ビタミンCは熱に弱いので、生で食べるのがオススメです。

 

 <新玉ねぎ>
 新玉ねぎにはニオイの元となる「硫化アリル」が含まれています。
 この硫化アリルは血液サラサラ効果で注目されていますが、
 実はターンオーバーをスムーズにしてくれる働きもあります。
 硫化アリルは熱に弱いですが、新玉ねぎは辛味が少なく
 生でも食べやすいので栄養補給にピッタリです。

 

 <菜の花>
 ビタミン類、カルシウム、鉄分などの栄養素が豊富な食材です。
 不溶性食物繊維は野菜でもトップクラスの含有量で、
 便秘の解消に役立つので、不要なものをしっかり排出しながら
 栄養補給ができ、肌荒れ予防などにオススメです。

 

 <そら豆>
 亜鉛や鉄分を豊富に含んでいる食材です。
 特に、細胞の新陳代謝を促してくれる亜鉛は、乾燥を防いでくれながら
 ニキビや肌荒れの予防にも効果的です。
 鉄分は貧血予防だけでなく、コラーゲンの生成にも欠かせない成分なので
 ハリ肌を作るのを助けてくれます。

 

 いかがでしたか?
 その他にも、春野菜には美容に嬉しい成分がたくさん含まれています。
 旬の野菜は安価でおいしいのはもちろん、栄養が豊富なので
 美容や健康のためにもぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。
 来週もお肌に役立つ情報をお届けしますので、お楽しみに♪(*´▽`*)

3月のお肌にはUVケアが必須です

2018年3月2日

 

 暖かさを感じる日も増えてきて、春の訪れを感じますね。
 ポカポカ気持ちがいいと外出する機会も増えてくると思います。
 でも「まだ3月だし大丈夫!」とUV対策をしないで外に出ていませんか?
 今の時期は思っている以上の紫外線が降り注いでいるので注意が必要です。
 そこで、今回は春先のUVケアについてご紹介いたします。

 

 ■ 3月の紫外線量

 

 紫外線は2月から徐々に強くなり、3月には9月とさほど
 変わらない量の紫外線が降り注いでいます。
 9月は夏のUVケアを続けている方も多いかと思いますが、
 いまの時期にはあまり気にしていない方も多いでしょう。

 

 しかし、冬は紫外線量が少なく、お肌の紫外線への耐性が
 弱くなっており、無防備な状態のお肌に直接紫外線の
 ダメージが届いてしまいます。

 

 ■ UVケアのポイント
 
 <日焼け止め>
 UVケアで何より大切なのは紫外線でのダメージを防ぐことができる
 日焼け止めをきちんと塗っておくことです。
 しかし、効果の強いものはそれだけお肌への負担になりますので
 日常使いにはSPF20くらいのものがいいでしょう。

 

 <日傘・帽子>
 実は日傘や帽子は日焼け止めよりも効果が高いと言われています。
 最近ではUVカット効果のあるものもありますので
 コーディネートに合わせながら選んでみてくださいね。

 

 <スキンケア>
 日焼け後のトラブルとして最も気をつけたいのが乾燥です。
 乾燥が進むとお肌のバリア機能も低下し、他のトラブルを引き起こして
 しまうこともあるので、しっかりと潤いを与えて保つようにしましょう。

 

 いかがでしたか?
 冬を乗り越えたお肌は乾燥しやすく、紫外線に対しても
 敏感に反応しやすいので、きちんとケアしてあげてくださいね。
 来週もお肌に役立つ情報をお届けしますので、お楽しみに♪(*´▽`*)

殿堂入りメルマガ
メルマガ購読・解除(無料)
 
  • top_ts_350_135
  • 7万人の声から生まれたニキビ石鹸