永久保存版-過去の特集一覧

アーカイブ

2月までに始める紫外線対策

2020年1月24日

 

 先週は美白を目指すために、今の時期から始める
 紫外線対策の重要性についてお伝えいたしました。

 今回は、1月後半から2月の時期に気をつけたい
 紫外線対策のポイントについてご紹介いたします!

 

 ■ 2月までに始める紫外線対策

 

 美白のためには早めに紫外線対策を始めることが
 重要ですが、今の時期は空気が乾燥しているので、
 夏と同じケアでは肌への負担が大きくなってしまいます。

 

 その時期に合わせた日焼け止めを選び、
 お肌への負担を減らしながら紫外線対策していきましょう。

 

 <冬の日焼け止めはSPF30/PA++程度でOK>

 

 夏にはできるだけSPF値やPA値の高い日焼け止めを
 使うという方も多いかと思いますが、紫外線カット成分が
 多く含まれるほど肌への負担も大きくなります。

 

 また、夏に比べると汗もかきにくいので、
 ウォータープルーフの日焼け止めでなくても
 十分紫外線対策することができます。

 

 長時間外出するときにはこまめに塗り直すようにしましょう。
 また、雪は紫外線も反射させるので、ウィンタースポーツを
 楽しむときには夏と同様の強さの日焼け止めを使うように
 するのがオススメです。

 

 <保湿も忘れずに>

 

 お肌が乾燥しているとバリア機能が低下し、
 紫外線の影響も大きくなります。
 お肌本来のバリア機能を高めてダメージを防ぐためにも
 毎日の丁寧な保湿ケアは欠かせません。

 

 特に、乾燥が厳しい今の時期は、
 潤いを補う美容液やシートマスクを取り入れて、
 健康的なお肌を保つことも、紫外線対策につながります。

 

 いかがでしたか?
 美白のためには紫外線カットが重要ですが、
 土台となるお肌の健康状態も大切なのです。
 優しくケアして、イキイキとした素肌を保ちながら、
 その時期に合わせた紫外線対策で、
 透き通るようなお肌を目指してくださいね!

 

 来週もお肌の役に立つ情報をお届けしますので、
 お楽しみに♪

美白のためにいつから紫外線対策を始める!?

2020年1月17日

 

 昔から「色の白いは七難隠す」とも言われるように、
 透き通るような白い肌は美人の条件の1つです。

 

 最近では、様々な美白ケアアイテムがありますが、
 紫外線対策は夏だけ…という方も多いのではないでしょうか?

 

 でも、実は本当に美白を目指すなら今の時期から
 紫外線対策を始めることが重要なのです!

 

 ■ 紫外線は2月から増え始める!?

 

 今の時期はまだまだ太陽の光が弱く、日が出ている時間も
 短いので、紫外線によるダメージは少ないと思っていませんか?

 しかし、2月頃から紫外線量は増えていき、
 その量はなんと夏の約8割程度!

 10月頃の量と同じくらいだと言われています。

 

 暑さの残る10月には紫外線対策をしていても、
 冬の今の時期に紫外線をきちんとケアしている人は少なく、
 紫外線ダメージを受けてトラブルにつながることもあるのです。

 

 ■ 乾燥+紫外線ダメージで肌トラブルが加速

 

 さらに、冬は空気が乾燥しやすいのでお肌の潤いも不足し
 気づいたらカサカサに…ということも。
 お肌が乾燥していると、バリア機能が正常に働かずに
 よりダメージが加速する原因にもなるのです。

 

 つまり、冬の時期は紫外線対策だけでなく、
 お肌の保湿も同時に行うことが重要なのです。

 

 いかがでしたか?
 クリアな美肌で過ごすためには、その時期に合わせた
 スキンケアと紫外線対策が重要です!

 

 来週は、今の時期から始める紫外線対策のポイントについて
 ご紹介いたしますのでお楽しみに♪

冬のお肌の不調におすすめのマッサージ

2020年1月10日

 

 寒い季節は血行やリンパの流れが滞りやすく、
 なんとなくお肌の調子が…という方が多くなります。

 

 そんなお肌の不調を整えるためには、毎日のスキンケアに
 プラスして行うマッサージが効果的です。

 

 そこで、今回は1分でできるお手軽フェイスマッサージを
 ご紹介いたしますので、参考にしてみてください!

 

 ■ フェイスマッサージの効果

 

 フェイスマッサージをすることで、
 顔の皮膚や筋肉を動かすことができ、
 それに伴って血液やリンパの流れも促進されます。

 

 血液やリンパがうまくめぐるようになると、
 お肌にとって必要な酸素や栄養を届けやすく、
 不要なものも排出することができるので、
 お肌の調子を整えることができるのです。

 

 ■ 簡単に始めるフェイスマッサージ

 

 洗顔後に化粧水でお肌にたっぷりと水分を補い、
 保湿剤をたっぷりと顔全体に塗っておきましょう。
 指が滑らかに滑るくらいたっぷり塗るのがポイントです。

 

 <目元>
 眉頭の下のくぼんだ部分を中指の腹でゆっくりと押します。
 その後、指を軽くすべらせるように目の周りの骨に沿って
 目頭~目尻~目の下を通って目頭に戻るように
 指を滑らせながらマッサージします。
 これを3回繰り返して、最後にこめかみをプッシュします。

 

 <口元>
 下唇とあご先の間に中指を置き、唇を持ち上げるように
 ゆっくりと口角の方へ向かって指を滑らせマッサージします。
 こちらも3回繰り返しましょう。

 

 <フェイスライン>
 親指以外の指全体をフェイスラインに沿わせて、
 頬を下から持ち上げるようにしながら
 こめかみあたりまでゆっくりマッサージし、
 耳の下から首筋を通って鎖骨に向かってなでおろすように
 指を滑らせましょう。
 こちらも3回繰り返しましょう。

 

 いかがでしたか?
 毎日のスキンケアにプラスすることで、
 血行の良いツヤ肌に近づくことができます!
 たるみの解消にもなるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 来週もお肌の役に立つ情報をお届けしますので、
 お楽しみに♪

美肌のために食べるべきおせち料理

2019年12月27日

 

 いよいよ目前に迫ったお正月。
 最近ではおせちを食べる方が少なくなっているようですが、
 実は、おせち料理には美肌効果があるものもたくさん!

 そこで、今回は美容のために是非食べたい
 おせち料理についてご紹介いたします。

 

 ■ 美肌のために食べたいおせち料理

 

 <黒豆>
 ビタミンEやビタミンB2、女性ホルモンに似た働きをする
 イソフラボンなどの美肌成分が含まれています。

 

 さらに、黒豆にはアントシアニンが豊富で、
 シミを作る酵素の働きを抑えたりコラーゲンの生成を
 促進したりする働きがあります。

 

 <紅白なます>
 にんじんにはβ-カロテンが豊富で皮膚や粘膜を
 健康な状態に保ってくれます。
 大根は豊富な酵素で消化を助けるだけでなく
 ビタミンもたっぷり含んでいます。

 

 食物線が豊富でお酢を使ったなますは、
 むくみを解消してお通じをサポートします。

 

 <昆布巻き>
 食物繊維が豊富な昆布巻きを事の最初に食べると、
 水分を含んで膨らみ、満腹感を得られるので
 食べ過ぎを防いでくれます。

 

 さらに、ヨードが肌の代謝を促進して、
 乾燥を防いでくれます。

 

 <栗きんとん>
 栗きんとんの黄金色を出すために使われる
 クチナシの実に含まれる「クロセチン」は、抗酸化力が高く、
 紫外線によってダメージを抑えてくれます。

 

 栗のビタミンCは加熱しても失われにくく、
 生のフルーツや野菜を食べる機会の少ない
 おせちの時期にオススメです。

 

 いかがでしたか?
 様々な食材におめでたい意味や願いを込めた
 おせち料理ですが、美容にも嬉しい効果がたっぷり!

 2020年のお正月はおせちを楽しみながらキレイを

 目指してみてくださいね。

 

 2020年もお肌の役に立つ情報をお届けしますので、
 お楽しみに♪

冬野菜を食べてキレイになる

2019年12月20日

 

 12月も半分以上が過ぎ、寒さを強く感じる日も多くなりました。
 この寒さの中でおいしさや栄養を蓄えて、旬を迎える冬野菜。

 

 実は、冬野菜はおいしいだけでなく、美容に嬉しい効果も
 たくさんあるんです!

 そこで、今回は冬野菜の美容効果についてご紹介いたします!

 

 ■ 冬野菜の美容効果

 

 <大根>
 消化酵素が豊富でに含まれているので、
 ご馳走を食べる機会の多い年末年始の体をサポートしてくれます。
 デトックス効果もあるので、不要なものを溜め込みません。
 大根の葉にはビタミンCやカルシウムも多く含まれています。

 

 <白菜>
 ビタミンCが豊富なだけでなく、免疫力アップにも効果的です。
 むくみの解消に役立つ、カリウムやカルシウムなどのミネラルも
 豊富に含まれています。
 水溶性の栄養素が多いので、鍋やスープなどにした場合は、
 スープごと飲むようにするのがオススメです。

 

 <ねぎ・ニラ>
 どちらも硫化アリルが含まれ、血液をサラサラにしてめぐりを良くし
 冷えを防いでくれます。
 白い部分にはビタミンCが、緑の部分にはカロテンやカリウム、
 ビタミンKが豊富に含まれています。
 ねぎは薬味としてそのまま、ニラは油と一緒に調理すると
 より栄養素を吸収しやすくなります。

 

 <ニンジン>
 ニンジンの赤色はカロテンによるもので、
 ビタミンB群やビタミンCも豊富に含まれているので、
 抗酸化力が高く、美肌やエイジングケアにおすすめです。
 油と一緒に加熱することで、より栄養素を吸収しやすくなります。

 

 <ごぼう>

 亜鉛やマグネシウム、銅、鉄などのミネラルが豊富です。
 また、食物繊維もたっぷり含まれているので、お通じが良くなり
 体内の不要なものを排出するのを助けてくれます。

 

 <ほうれん草>
 βカロテン、ビタミンC、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2、
 カルシウムなどを含んでいる栄養豊富な野菜です。
 特にβカロテンは皮膚や粘膜を丈夫にしてくれるので、
 肌荒れしやすい時にオススメです。

 

 いかがでしたか?
 パーティーや集まりの多いこれからの時期。
 おいしいご馳走もいいですが、普段の食事では冬野菜を
 積極的に取り入れて、その栄養素や美容効果を
 しっかりと味方につけましょう!

 

 来週もお肌の役に立つ情報をお届けしますので、
 お楽しみに♪

殿堂入りメルマガ
メルマガ購読・解除(無料)
 
  • top_ts_350_135
  • 7万人の声から生まれたニキビ石鹸