永久保存版-過去の特集一覧

アーカイブ

髪も日焼けするって本当?

2018年8月10日

 

 強烈な紫外線が降り注ぐ今の時期。
 お肌の日焼け対策を行うのはもはや常識とも言えますよね。
 でも、頭皮や髪の毛のケアはできていますか?

 

 実は、頭は顔の3~5倍もの紫外線を浴びるとも言われており、
 日焼けしてしまうとトラブルの原因にもなります。
 そこで、今回は頭皮や髪の日焼けについてご紹介いたします。

 

 ■ 髪や頭皮が日焼けするとどうなる?

 

 <キューティクルがはがれやすくなる>
 髪の表面を覆っているキューティクルがはがれると、
 髪の中のタンパク質や保湿成分が流れ出てしまい、
 パサつきやすくなったり、ツヤがなくなったりします。

 

 <タンパク質が壊れる>
 強い紫外線を浴びると、タンパク質やアミノ酸が結合した
 システィン結合が壊れてしまい、髪の強度や柔軟性がなくなり
 切れ毛や枝毛の原因になります。

 

 <カラーの持ちが悪くなる>
 紫外線によって髪内部のメラニンが分解されると、
 髪の色が徐々に抜けてしまい赤茶けたように見えます。
 カラーをした髪はさらにメラニン色素が少ないので、
 より紫外線のダメージを受けることになり、
 色の持ちも悪くなってしまうのです。

 

 <健康な髪が作れない>
 頭皮が紫外線によってダメージを受けると、
 髪の毛を生み出す毛母細胞にも正常な働きができなくなり、
 抜け毛や薄毛が進んでしまいます。

 また、毛根にある髪を黒くする細胞がダメージを受けると
 白髪が増えてしまう原因にもなります。

 

 いかがでしたか?
 紫外線による髪や頭皮へのダメージは目で見てわかりにくく、
 つい見落としてしまいがちです。
 きちんと対策してあげることで、健康的なツヤとコシのある
 髪を保つことができますよ。
 来週は髪や頭皮の紫外線対策についてお届けしますので
 お楽しみに♪

水分不足は美容にも悪影響が

2018年8月3日

 

 毎日暑い日が続き、いろいろなメディアで水分補給の
 大切さを伝えられていますが、体内の水分が不足してしまうと
 美容にも悪影響があることを知っていますか?

 

 そこで、ここでは美容のためにも欠かせない水分補給について
 ご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

 

 ■ 水分不足が美容に与える影響

 

 <新陳代謝の低下>
 体内の水分が不足してしまうと、血液やリンパの流れが
 悪くなってしまいます。

 

 血行が悪くなると、必要な栄養素や酸素を十分に届けることが
 できなくなってしまい、新陳代謝が低下してしまうのです。

 

 また、リンパの流れが悪くなると、不要な老廃物を
 うまく排出することができなくなり、体内に余分な水分とともに
 残ってしまいむくみにもつながります。

 

 <健康的な肌や髪が作られない>
 健康的な肌や髪のためには、十分な栄養素や酸素を行き届かせる
 ことが重要ですが、水分不足によって栄養が届けられなくなると、
 ターンオーバーが乱れてトラブルの原因になったり、
 髪が細く抜けやすくなったりします。

 

 <ニキビにつながることも>
 水分が不足すると便が固くなってしまい、便秘になることがあります。
 便秘になると体内に毒素を含んだ老廃物が長時間止まるので、
 腸内環境が悪くなるだけでなく、毒素が血液によって全身に運ばれます。

 

 運ばれた毒素は汗や皮脂と一緒に体外に排出されますが、
 その時に毛穴がトラブルを起こしてニキビや吹き出物として
 表れることがあるのです。

 

 いかがでしたか?
 水分補給は健康にも影響を与えますので、1日1~2リットルを目安に
 こまめに水分補給をしてくださいね。
 特に寝る前と起きてすぐ、お風呂上がりなどは意識して
 水を飲むようにしましょう。
 来週もお肌のために役立つ情報をお届けしますので、お楽しみに♪

熱中症対策にも!美容にも!スイカの嬉しい効果

2018年7月27日

 

 今日はスイカの日ということなので、この時期に美味しい
 スイカに含まれる栄養素や嬉しい効果についてご紹介します。

 

 ■ スイカは熱中症対策にぴったり!

 

 甘いスイカはフルーツのように感じますが、きゅうりやナスなどと
 同じ瓜科の夏野菜です。

 90%以上が水分と言われているスイカは、暑い日の水分補給に最適!

 

 カリウム・カルシウム・マグネシウム等のミネラルも含まれているので、
 塩を少し振りかけて食べるだけで、スポーツドリンクを飲むのと
 同じような効果があるんです。

 

 さらに、体を冷やしてくれる働きもあるので、
 暑い季節の熱中症対策にオススメなんです。

 

 ■ 美容にも嬉しい効果が!

 

 スイカには他にも美容に嬉しい栄養素がたっぷり!

 高い抗酸化力でエイジングケアに役立つといわれるリコピンは、
 なんとトマトの1.4倍も含まれています。

 

 さらに、代謝を助けるβ-カロテン、美白やコラーゲン生成を
 助けることから美容ビタミンともいわれるビタミンC、
 ダイエットで注目されるイノシトールやマンノシターゼが
 含まれているんですよ。

 

 また、スイカから発見されたシトルリンという成分は、
 水分代謝をサポートして老廃物を排出してくれるので、
 むくみの解消にも役立ちます。
 
 いかがでしたか?
 暑い季節に冷たく冷やしたスイカは、美味しいだけじゃなく
 健康や美容のためにも役立つ優秀なものです。
 この嬉しい効果を取り入れるためにも、
 ぜひ、旬のスイカを楽しんでくださいね。
 来週もお肌のために役立つ情報をお届けしますので、お楽しみに♪

日焼け後のケアのポイント

2018年7月20日

 

 暑い日が続き、外に出ると太陽がジリジリ照りつけています。
 きちんと紫外線対策をしていたつもりでも、日焼けしてしまう
 こともありますよね?
 今回は、日焼けをしてしまった時に、できるだけダメージを
 残さずに早く回復させるためのポイントをご紹介いたします。

 

 ■ 日焼け後のケアはできるだけ早く

 

 日焼けした肌は火傷をしているのと同じ状態で、
 お肌にとっては大きなダメージになります。
 ダメージを放っておくと、炎症から肌荒れを引き起こしたり
 将来的なシミやシワなどのトラブルの原因にもなったりします。

 なので、日焼けしてしまった時にはできるだけ早くケアしましょう。
 目安として、72時間以内に適切なケアを行うと、お肌のダメージが
 残りにくいと言われています。

 

 ■ 日焼け後のケア 3つのポイント

 

 <冷やす>
 日焼けした肌は炎症を起こしている状態なので、
 まずは冷やして火照りをとってあげることが大切です。
 刺激を与えると負担になるので、氷や保冷剤ではなく
 冷たいシャワーや冷やしたタオルで優しく冷やすようにしましょう。

 

 <保湿>
 日焼け後は水分が奪われている状態なので、
 冷やして火照りがおさまったらしっかり保湿しましょう。
 日焼け後には刺激の少ない化粧品を使い、いつもよりたっぷりめの
 化粧水を手で優しくなじませていきましょう。
 化粧水の後は、保湿剤でうるおいを閉じ込めます。

 

 美白化粧品を使いたいと思う方もいるかと思いますが、
 刺激が強くトラブルにつながることもありますので、
 数日待ってお肌が落ち着いてからにしてください。

 

 <水分補給>
 日焼けしている時は、体内の水分が不足しているので、
 十分に水分補給してください。
 内側から水分を補ってあげることでもお肌の保湿に役立ちます。

 

 いかがでしたか?
 夏は紫外線が強く、日焼けしやすい季節です。
 日焼け止めなどの紫外線対策をすることはもちろんですが、
 日焼け後のケアも適切に行うことも大切なんです。
 来週もお肌のために役立つ情報をお届けしますので、お楽しみに♪

夏の肌トラブルの原因は「汗」だった

2018年7月13日

 

 夏の気配を強く感じる今の季節。

 湿度が高く乾燥があまり気にならない夏は、カサカサなどの
 トラブルとは無縁だと思っていませんか?
 しかし夏は汗をかきやすく、その汗が原因で肌荒れを起こして
 しまうことがあるんです。
 今回は、肌荒れの原因となる夏の汗についてお届けします。

 

 ■ 汗で肌荒れする?

 

 汗をかいた状態は、表面的にはお肌が潤っているように見えます。
 しかし、汗が乾く時にお肌に必要な水分まで奪ってしまい、
 お肌の内側が乾燥している状態になることがあります。

 いわゆる「インナードライ」は、バリア機能が低下して、
 ちょっとした刺激にも弱くなってしまいます。

 

 また、汗をそのままにしてしまうと細菌が繁殖しやすくなりますし、
 汗をかいた肌は汚れやホコリが付着しやすく、バリア機能が低下している
 状態だとその刺激に反応して肌荒れを起こすことがあるのです。

 

 ■ 汗が原因で起こる肌トラブル

 

 <かゆみ>
 普段はなんともなくても、バリア機能が低下している状態だと
 汗自体や付着したほこりなどの少しの刺激にも反応してしまい
 かゆみを感じることがあります。

 

 <ニキビ>
 汗を放置してしまうと雑菌が繁殖しやすくなるだけでなく、
 乾燥の原因にもなり、肌のバリア機能が低下します。
 そこに雑菌が侵入したり刺激を受けたりすると
 ニキビなどのトラブルをを引き起こしてしまいます。

 

 ■ 夏の汗の対処法

 汗による肌荒れを防ぐにはこまめに汗を拭くことが大切です。
 タオルやティッシュなどで優しく押さえるようにして
 汗を拭き取りましょう。

 

 べたつくからと何度も洗顔料で顔を洗うと、
 お肌に必要な皮脂を取り過ぎてしまうのでNGです。
 どうしても汗を流したい時には、水やぬるま湯で流す程度にし、
 洗顔料は朝晩の二回にしておきましょう。
 
 いかがでしたか?
 汗は体温調整のためや、体内の不要なものを出すという
 大切な役割があります。
 なので、汗をかかないようにするのではなく、
 汗をかいてもトラブルを起こさないように正しくケアすることで、
 上手に対策していってくださいね。 
 来週もお肌のために役立つ情報をお届けしますので、お楽しみに♪

殿堂入りメルマガ
メルマガ購読・解除(無料)
 
  • top_ts_350_135
  • 7万人の声から生まれたニキビ石鹸