永久保存版-過去の特集一覧

アーカイブ

白湯の正しい作り方と飲み方

2019年1月18日

 

 先週は美容に嬉しい白湯の効果についてお届けしました。
 今週は正しい白湯の作り方や、おすすめの飲み方に
 ついてご紹介いたしますので、参考にしながら
 ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 ■ 正しい白湯の作り方

 

 白湯はただ水を沸かせば良いわけではありません。
 正しい作り方をすれば、より美容・健康効果を
 発揮してくれるるんですよ。

 

 白湯を作るときに使う水は、水道水でOKです。
 ミネラルウォーターを使うときには軟水を
 選ぶようにしてください。

 

 【白湯の作り方】

 

 ・やかんに1リットルくらいの水を入れて強火にかける
 ・沸騰したら、やかんのフタをとる
 ・弱火にして10~15分程度、沸かし続ける
 ・そのまま50度前後まで冷ます

 

 たくさん作って保温ポットに入れておくと
 毎回沸かす必要がないので便利ですよ。

 

 なんで10分も沸かすの?と思うかもしれませんが
 水道水には消毒のために「塩素」が使われています。
 塩素は水の中にある成分と反応し、人体にとって悪影響を
 与えるとも言われる「トリハロメタン」を作ります。

 このトリハロメタンは沸騰することで最も増えると
 言われていますが、10分以上沸騰させることで
 トリハロメタンを取り除くことができるのです。

 

 ■ おすすめの飲み方

 

 白湯を飲むときには少しずつすするようにして
 時間をかけて飲むようにしましょう。
 1杯分を150mlくらいずつにして、
 1日分の目安として700~800ml飲みましょう。

 

 【起床後】

 

 朝起きたときに、まず1杯の白湯を飲むのがおすすめです。
 体を温めて活性化してくれますし、寝ている間に失われた
 水分の補給にも役立ちます。

 胃腸の動きも活発になるので、自然なお通じが起こりやすく
 便秘の解消にもつながります。

 

 【食事の前】

 

 食事の30分前くらいに飲むのもおすすめです。
 消化器官が活発になるだけでなく、
 満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防いでくれます。

 食事中や食後に多く水分をとると、消化液が薄まって
 体に負担をかけてしまうので、避けてくださいね。

 

 【就寝前】

 

 白湯を飲むと体温が上がります。
 その後ゆっくりと体温が下がることで
 自然に眠りにつきやすくなります。

 寝る前の水分補給は大切ですが、
 飲みすぎると夜トイレに行く回数が増えるので、
 寝る1時間前くらいに150mlを目安にしてください。

 

 いかがでしたか?
 水を沸かすだけなのでお財布にも優しく、
 簡単に始めることができますよ。
 白湯の効果を取り入れて、この冬も
 ポカポカイキイキ過ごしてくださいね。

 

 来週もお肌のために役立つ情報をお届けしますので、
 お楽しみに♪

飲むだけで美肌に!?白湯の効果

2019年1月11日

 寒い季節にはホットドリンクを飲む機会が増えます。
 紅茶やココアなども良いですが、美容のために
 オススメなのが「白湯」なんです。

 

 ただ水を沸かしただけなので、栄養などは特に
 含まれていないのに、なぜ白湯が良いのでしょうか?

 今回は白湯が美容に良いと言われる理由について
 ご紹介致します。

 

 ■ 冷えの改善

 

 冷え性の方は、内臓が冷えている事も多いので、
 白湯を飲んで胃腸を温める事で全身の機能が
 活性化され体温を上げる事ができます。

 体温が1度上がると、免疫は5~6倍にもなると
 言われているので、体調が気になる時にもオススメです。

 

 ■ 老廃物の排出

 

 白湯を飲む事で内臓機能が活発になると、
 消化がスムーズになるだけでなく溜め込んでしまっていた
 不要な老廃物もすっきり出す事ができます。

 

 ■ ダイエット効果

 

 内臓が温まると全身の血行が良くなり、
 基礎代謝量がアップすることで
 脂肪の燃焼をサポートしてくれます。

 

 ■ むくみの予防

 

 白湯を飲むと内臓機能が活発になるだけでなく、
 適切な水分補給をする事もできるので自然に尿量が増え、
 体に溜まった余分な水分を排出する事ができるので、
 むくみの予防に役立ちます。

 

 ■ 美肌効果

 

 体が温まると血行やリンパの流れが良くなり、
 隅々まで必要な酸素や栄養素を届ける事ができます。
 また、代謝がアップする事でターンオーバーも促されます。

 十分に水分や栄養がいきわたった肌は、
 潤いも十分で乾燥知らずの、健康的なお肌に近づき
 ニキビや肌荒れなどのトラブルも予防できます。

 

 ■ リラックス効果

 

 寝る前などに白湯を飲んで体を温めると
 副交感神経が優位になりやすく、心身ともに
 ゆったりとしたリラックス状態になり、
 質の良い睡眠をとる事ができます。

 

 いかがでしたか?
 こんなに嬉しい効果がたくさんあるなら
 さっそく取り入れてみたいですよね!

 来週は正しい白湯の作り方とオススメの
 飲み方についてお届けいたしますのでお楽しみに♪

美容に嬉しい小豆の効果

2019年1月4日

 

 寒い季節には甘くて温かいぜんざいやおしるこが
 特に美味しく感じますよね。
 実は、小豆はおいしいだけでなく美容に嬉しい効果が
 いっぱいあることをご存知ですか?

 

 今回は、小豆に含まれる栄養とその効果について
 お届けいたします。

 

 ■ 美肌効果

 

 小豆にはポリフェノールが豊富に含まれており、
 高い抗酸化力でエイジングサインを抑えてくれます。
 また、「美容ビタミン」とも呼ばれるビタミンCも
 含まれているので、シミやシワも防いでくれますよ。

 

 ビタミンCは加熱すると壊れやすい栄養素ですが、
 小豆に含まれるビタミンCは加熱しても壊れずに残るので、
 効率よく摂取することができます。

 

 ■ むくみ解消

 

 小豆に含まれるサポニンには高い利尿作用があり、
 むくみの原因になる余分な水分を排出するのに役立ちます。

 

 ■ ダイエット効果

 

 サポニンにはブドウ糖が脂肪に変わるのを抑えて
 脂質の代謝を促してくれる働きもあります。
 継続して小豆を摂ることで、太りにくい体質に
 変えることができますが、砂糖を多く使う
 あんこやぜんざい等はカロリーが高くなるので
 避けたほうがいいでしょう。

 

 ■ 便秘解消

 

 豊富な食物繊維を含んでいるので、
 腸で水分を抱え込んで便を柔らかくし、
 かさを増やすことでスムーズに出しやすくしてくれます。

 

 ■ 疲労回復

 

 小豆に豊富に含まれるビタミンB1は炭水化物の
 代謝を助けてくれるので、疲労回復に効果的です。
 ビタミンB1は体内で作ることができず、日本人に
 不足しがちなビタミンだと言われているので、
 積極的に摂るようにしましょう。

 

 いかがでしたか?
 いつものメニューに小豆を取り入れたり、
 洋菓子より和菓子を選ぶようにしたりすることで
 小豆の嬉しい効果をどんどん感じてくださいね。

 

 来週もお肌のために役立つ情報をお届けしますので、
 お楽しみに♪

おせちはダイエットにも美肌にもオススメ!

2018年12月28日

 

 お正月といえば、お重の中に色とりどりな
 料理が詰まったおせち料理を、家族で囲んで
 楽しむという方も多いですよね。

 最近ではおせちも多様化してきて、洋風や中華風の
 おせちなんかもたくさんあります。

 

 でも、昔ながらのおせち料理は縁起が良いだけではなく
 ダイエットにも美肌にも嬉しい効果がたくさんあるんです。
 そこで、今回はおせち料理の美容効果についてお届けします。

 

 ■ ダイエットの味方になるおせち料理

 

 ダイエット中の方にオススメのおせち料理は
 紅白なますや昆布巻です。

 カロリーが低いのはもちろんですが、紅白なますに
 含まれるお酢にはむくみや便秘を解消する働きがあります。

 

 また、昆布巻も食物繊維が豊富なので、便秘解消に
 役立つだけでなく、血糖値の急な上昇を防いでくれます。

 おせちの最初に昆布巻や紅白なますを食べることで
 より効果を発揮してくれますよ。

 

 ■ 美肌効果抜群のおせち料理

 

 おせち料理の中でも特に女性に人気のある栗きんとんは、
 クチナシの実で色付けされています。
 このクチナシに含まれる「クロセチン」という成分は、
 抗酸化力が高く紫外線によるダメージを抑えてくれるので、
 美白やエイジングケアにオススメです。

 

 黒豆にはアントシアニンや大豆イソフラボンが豊富に含まれ、
 メラニンを抑えてくれるだけでなく、肌のハリやつやを
 保つ働きもあります。

 

 伊達巻は栄養バランスがとても良く、美肌に欠かせないと言われる
 ビタミンAやビタミンB群、ビタミンEを摂ることができます。

 

 いかがでしたか?
 素敵な素肌で楽しいお正月を過ごすためにも、
 おせちの美容効果も取り入れてみてくださいね。

 2019年もお肌のために役立つ情報をお届けしますので、
 お楽しみに♪

年末年始の肌トラブルを防ぐには

2018年12月21日

 

 先週は年末年始に起こりやすい肌トラブルの
 原因についてお届けしました。
 ある調査によると、2/3の女性が年末年始の
 肌トラブルを経験したことがあるそうです。
 でも、できればいつでもツルスベで過ごしたいですよね。

 

 そこで、今回は年末年始に肌トラブルを防ぐための
 ポイントについてお届けいたします。

 

 ■ 胃腸に優しい食事を

 

 外食や食べすぎたなと思った翌日には、消化がよく
 胃腸に優しい食事を心がけてください。

 

 また、余計なものを溜め込まないようにするには
 スムーズなお通じも欠かせません。
 水分や食物繊維、善玉菌を助けるヨーグルトなどを
 意識して取り入れてみてくださいね。

 

 ■ 体を冷やさない

 

 血行が悪くなることでお肌のために必要な
 酸素や栄養素が運ばれにくくなります。
 お腹から冷えるのを防ぐために腹巻を取り入れたり
 お風呂でゆっくり温まったりするのもオススメです。

 

 ■ 室内の湿度にも気をつけて

 

 エアコンやストーブなどを使用するときには、
 室内の空気が乾燥しやすくなるので、
 加湿器などをうまく活用して湿度を調整しましょう。
 美容のためには60%前後の湿度を保つのが最適だと
 言われています。

 

 ■ 基本のケアを丁寧に

 

 美肌のために何よりも重要なのが、汚れをきちんと
 落として十分な潤いを与える基本のケアです。
 疲れているからと顔を洗わないで寝たり、

 ケアをさぼったりすると、肌トラブルにつながるので、
 毎日朝晩のケアを丁寧に行いましょう。

 

 特に乾燥が気になるときには美容液や
 シートマスクをプラスしてあげることでうるうる肌を
 保つことができますよ。

 

 いかがでしたか?
 いつでも素敵な素肌で過ごすために年末年始も
 気を抜かずに優しくケアを続けてくださいね。

 

 来週もお肌のために役立つ情報をお届けしますので、
 お楽しみに♪

殿堂入りメルマガ
メルマガ購読・解除(無料)
 
  • top_ts_350_135
  • 7万人の声から生まれたニキビ石鹸