お悩み相談室

お肌の悩み相談カウンセラーこちらは、お肌やスキンケアのお悩みに当社専門カウンセラーがお答えする『無料相談掲示板』です。
おかげさまで現在、相談件数8,000件オーバー

無添加自然化粧品プライマリーでは、2000年4月のWEB開設以来, 10年以上もの間 お肌の無料相談を行っています。ひとりで悩まないで、お気軽にご相談ください。お悩みをかかえていること自体がお肌によくありません。日頃なかなか聞けないお悩みを解決し、イキイキ健康素肌に!

女性アイコン なつき

2018年9月18日

高校2年生です。 よくぼーっとしている時に頬や眉間を触って角栓を抜いてしまっていて、その部分の毛穴が広がり黒ずんでしまって洗顔などをしてもなかなか取れません。 どうすればいいでしょうか?

プライマリーお肌カウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー 毛穴にある角栓を取り除いてしまうと、毛穴が完全に無防備な状態になってしまい、トラブルを起こしやすくなってしまいますから、できるだけ触らない様に心がけていきたいですね。

毛穴の広がりや、黒ずみ自体は、角栓を取り除いてしまうことが直接的な原因ではないと思いますが、できてしまった角栓を取り除くのは、洗顔だけでは難しく、なかなか厄介なものでもあります。

一番の対策方法は、新しい角栓を作らないことですから、そこに照準を合わせてケアしていかれるとよいかと思います。

そのためには、正しい洗顔と、丁寧な保湿が大切です。お肌の潤いが不足すると、皮脂の分泌も増えてしまいますし、不要な角質もできやすくなり、角栓の成分となるものが増えてしまいます。洗顔できちんと汚れを落とした後に、ローションでしっかりと水分を与え、保湿剤で潤いをキープ、という流れで、お肌を整えて行きましょう。

また、今ある角栓に対しては、ホットパックで毛穴を緩めたのちに、クレンジングジェルでマッサージしたり、頑固なものの場合は、酵素を配合した洗顔料を使ってもよいかもしれませんね。

そして、女性の方で毛穴の開きが気になる場合は、鉄分の不足が影響している場合もあるようです。このあたりも併せて気を付けてみられるとよいと思います。

できてしまった後の対処も大切ですが、角栓を作らない、毛穴を開かせない、といった、事前の対策をしっかりしていってみてくださいね。

そんなあなたにおすすめの商品はこちら...

女性アイコン みー

2018年9月18日

ニキビは元々できる方で小学生高学年辺りから気になり始めました。現在高校生ですが、スキンケアの仕方を覚えて、以前よりは良くなったように思います。最近、自分に合うなぁと思ったスキンケア商品を見つけたのですが、それでもどうしても月経前辺りからニキビができ始めたり肌荒れが酷くなります。 月経前の肌荒れは治せないものでしょうか??せっかく肌が改善されてきたと思ったのに、毎月1度くる肌荒れのせいでニキビ跡も消えません…。

プライマリーお肌カウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー せっかくお手入れをしてお肌の状態がよくなってきたのに、体のリズムによって悪化してしまうととても残念な気持ちになってしまいますよね。

月経前後でホルモンのバランスが大きく異なりますから、全く同じ状態を保つことは難しいかもしれませんが、最小限に食い止めることは出来ると思います。
スキンケアは十分にしていらっしゃるようですし、そちらの効果はでているようですから、違う観点から考えてみるとよいかもしれませんね。

まず、女性ホルモンには、大きく分けて、エストロゲンとプロゲステロンの2種類が知られています。排卵日前に最も分泌量が増えるエストロゲンは、肌や髪を美しくしたり、女性らしい身体をつくるなど、女性にとって嬉しいことが多いホルモンです。それとは反対に、排卵後、いわゆる生理前の期間に分泌量が増えるのがプロゲステロンで、大切なホルモンではありますが、むくみやすくなったり、体が熱っぽい、だるい、頭痛や肩こり腹痛や腰痛、そして、ニキビや肌荒れが起こりやすい状況を作ってしまいます。

この月経前の期間は、お肌だけでなく、体も不快な状態が起きやすくなりますが、これを緩和するポイントは、ビタミンやミネラルの摂取だと言われています。
中でも、ビタミンB6が重要と言われますが、ビタミンB群は、それぞれに相互作用をもって働きます。ニキビのケアにもつながりますから、ビタミンB群をとる、という意識をしっかり持ちましょう。その他にも、ビタミンD、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などもしっかり摂れるとよいですね。

お食事の中でしっかりと摂れるのが理想ですが、補助的にサプリメントを使う方法もあります。ちょっと辛いな、という時期だけプラスするのもよいかもしれませんね。

ニキビ自体は、お肌の上で起きていることのように見えますから、スキンケアがでどうにかしていこう!と考えてしまいますが、お肌のお身体の一部です。外側からのケアであるスキンケアだけでは対処できない部分もありますから、清潔を保ち、保湿をしっかりして肌を整えながら、お身体の内側からのケアにも目を向け、必要な栄養をきちんと摂ること、体をしっかりと休めること、リラックスできる時間を作ることなどを心がけてみてくださいね。

今のご年齢から、その意識が根付けば、大人になってからもご自身の身体とうまく向き合っていけるようになると思いますよ!

そんなあなたにおすすめの商品はこちら...

女性アイコン まちた

2018年9月12日

高校三年生の女子です。小学6年生ごろからニキビが出来始め、中学で気になり始めましたが治そうとは思いませんでした。高校に上がり、二年ほど前から治そうと思い始めました。皮膚科に勧められたニキビクリームや、市販の塗り薬のテラリコールなど使ってきましたが、いまいち効果が出ませんでした。現在ハトムギ美容水・美容ゲル、ニキビにはペアアクネクリームWを使っています。夜は牛乳石鹸を泡立て洗い、朝は水だけで顔を洗っています。睡眠は11時にベッドに入るようにしています。最近化粧を覚え始め、出かける時だけ下地、チーク、アイメイクのみしています。周りには肌の綺麗な子がたくさんいてすごく嫌になってしまいます。

治す気は十分にあるのですが、今やっているスキンケアが合っているのかわかりません。まず、牛乳石鹸を使うあたり正しいのかもわかりません… 今使ってるペアアクネクリームWは、最近できたニキビにはよく効いてすぐに治るのですが、数ヶ月前からできてるニキビには効果が出てるのかよくわかりません。このまま同じクリームを使って大丈夫ですか?また、添付した写真は、治るニキビなのでしょうか。 たくさんの質問と長文失礼しました。教えていただければ幸いです

(※お写真付きでご相談頂いておりました)

プライマリーお肌カウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー お写真拝見いたしました。
ニキビケアを頑張っていきたいけど、スキンケア方法はこれでよいのかな?とお悩みでいらっしゃるのですね。
まだまだお若いですし、ニキビは治らない病気ではありませんから、少しでもお悩みが減っていくように頑張りましょうね!

まず、スキンケアについてですが、弱アルカリ性での石鹸で洗顔、ローション、ジェルで保湿という流れは問題ないかと思います。
ただ、洗顔は、朝晩、必ず石鹸を用いて行うようにしましょう。寝ている間にも汗や皮脂が分泌されますし、それらが酸化するとお肌によいものではありません。皮脂汚れは特に、水だけでは落としにくいですから、きちんと石鹸で洗顔をして、お肌をリセットしてあげた状態で、保湿ケアをなさってくださいね。

また、お肌にもう少し潤いがあった方が良いように感じましたので、ローションをたっぷり使うようにしましょう。成分にも気をつけ、エタノールやメンソールといったような成分が入っていないものを選ばれると、刺激も少なく、より良いかと思います。

お薬を使われる場合は、保湿ケアをされた後にニキビのある部分に塗ってくださいね。
お薬は、今ある炎症などには効果が出やすいと思いますが、ニキビ痕のケアは、ニキビのケアとは異なりますから、今あるニキビにのみ、お薬を使った方がよいかと思います。

そして、下地だけでもメイクをされているとのことですが、その成分によっては、きちんとクレンジングを使ってメイク汚れを落とした方がよい可能性もあります。石鹸でのW洗顔でもよいですが、お肌に負担の少ないオイルフリーのジェルタイプのクレンジングを用いて、きちんと落とすようにしましょう。

それから、スキンケアだけでなく、お身体の内側からのケアに少し目を向けられると、今よりずっと、お肌の調子がよくなるように思います。
恐らく、今気になられているのは、ニキビあった場所に残っている赤みの方が多いのではないかと思います。

これは、肌のターンオーバーを正常にしていくことが一番大切なのですが、そのためには、保湿だけでなく、栄養面も考えていくとよいですよ。
ニキビ痕が赤く残りやすい方は、巡りが悪いことも多いですから、巡りをよくしていくようにすることや、栄養面では、タンパク質やビタミンB群、ビタミンCをしっかりと摂ること、また、鉄、亜鉛といったミネラル類をしっかりととることで、随分お肌の状態がよくなることも多くあります。

お食事での管理が難しい場合には、補助的にサプリメントを使われるのもよいかもしれませんね。

スキンケアをしっかりとしていても、思うような効果が感じられないときには、お身体の内側からのケアを考えてみてください。
お肌だけでなく、体調もよくなっていきますよ!



そんなあなたにおすすめの商品はこちら...

女性アイコン キウイ。

2018年9月12日

小学校高学年からおでこに白ニキビができていて、中学校に入ると徐々に頬、あごなど顔全体に赤ニキビも出来始め、ここ1年ごろでいっきにニキビ跡が悪化しました。 なかなか治らず、皮膚科も変えたりしていました。現在の皮膚科ではディフェリンゲル、ダラシンTゲル、ヒルドイド軟膏を処方していただいてますが、ディフェリンゲルを使うと慢性的なニキビが治らない…という情報をネットで見たので最近は使っていません。前は半年くらい使ってました。 去年の冬ごろからお菓子を全く禁止し、油物も避けています。糖質を今年の6月ごろきつく制限したところ体重が大幅に減ってしまったので現在はある程度とっています。 タンパク質、ビタミン類もたくさん、ミネラルや食物繊維など、バランスの良い食事を最大に気をつけているつもりなのに全く治りません。 前髪もあげ、髪の毛が肌に触れないようにして顔は絶対に触りません。寝具も清潔にしています。 夏に入ってから頬やフェイスラインが急に痒くなり、その部分(直径1センチほど)が赤く、ニキビやじんましんのようなものができます。 かゆみはしばらくするとひき、赤みも翌日ごろにはひきますが、ニキビのようなものや跡が残りとても目立ちます。 毛穴も鼻と鼻横が相当目立ち、なんか白いものが常に出たりしてます。 インナードライなので朝はぬるま湯洗顔で保湿をしっかりして、ヒルドイド軟膏も塗ってます。日焼け止めも低刺激のお湯で落ちるものを塗っています。 夜は洗顔後、朝と同じようにしっかり化粧水を閉じ込めてヒルドイド軟膏を塗ってます。 なかなか治らず最近はニキビがまた増えてしまいました… どうすればよいのでしょうか…

プライマリーお肌カウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー 長らくお悩みでいらっしゃるのですね。
少しでも改善に向けて、お役に立てればと思います。

まず、一番初めにですが、今のご年代において、食事の制限は、お医者様などからの指示でない限りは、しないようにしましょう。
必要以上に間食をしたり、油分の多いものをとったるする必要はありませんが、糖質も脂質も、大切な役割をもった栄養素です。お体の成長にも沢山の栄養が必要な時期かと思いますし、消費カロリーも大きいご年代です。

何かを過剰にとることで、お肌の調子が悪くなることもありますが、不足することでお肌の調子が崩れる可能性の方がはるかに高いご年代だと思います。
お医者様や栄養士さんの管理の元であれば別ですが、年齢や体質などに合ったものでない、ご自身で集めてきた情報などで食事に制限を設けることはやめていきましょうね。お身体が心配です。

バランスのよい食事というのは、体に悪そうなものをやめて、よさそうなものを積極的に摂るということでもありません。特に、ビタミン、ミネラルなどは、単体で働くのではなく、糖質、タンパク質、脂質などを必要なものに変えていくために必要な働きをしていく方が多いですから、しっかり基本的な食事もとってくださいね。

ニキビや肌荒れが気になる場合には、肌の基になるタンパク質、ビタミンB群などを普段のお食事の中でより積極的に摂って頂くとよいと思いますが、毛穴についても気になられており、ニキビ痕ができやすい、インナードライが気になるということもあれば、身体の中の水分や、血流など、巡りをよくすることを考えてみましょう。

特に、鉄が不足している場合には、毛穴の開きや肌荒れ、ニキビの原因となることがあります。コラーゲンの生成にも重要な役割を担っていますが、不足しやすく、吸収もよくない栄養素の一つですから、鉄分、タンパク質、ビタミンCをしっかり摂ると共に、造血に関わる葉酸やビタミンB12、6などもしっかり摂りましょう。また、脂質が不足すれば、乾燥につながる可能性もあります。脂質を過剰にカットしない、水分をしっかりと摂るといったことも、大切にしていってくださいね。

スキンケアについても、少し見直してみましょうね。

まず、洗顔は弱アルカリ性の石鹸を用いて、朝晩、きちんと汚れを落としましょう。夜に塗ったお薬や保湿剤に油分が含まれていますから、水だけでは落とせない可能性があります。一旦、洗顔してお肌をリセットした上で、保湿ケアを行っていきましょう。

洗顔後は、ローションでお肌に水分を与えて整えます。何度か重ね付けするといいかもしれませんね。その後、保湿剤を使って、潤いをキープできるようにしていくのですが、乳液やクリームといった油分の多いものは避け、オイルフリーの美容液やジェルなどがおすすめです。

お薬を使われるのであれば、保湿後に使われるとよいですよ。
お薬については、ネットで様々な情報がありますが、全てが正しい情報とは限りません。お医者様や薬剤師さんときちんと話しをして、処方されたお薬とうまく付き合っていってくださいね。

お肌のことで沢山悩まれ、色々なことを調べたり実践していかれているのだと思います。本当にすごいことです。
せっかく専門家であるお医者様にも行かれているのですから、しっかりとご自身の思いを伝えた上で、納得できる治療方針になるとよいですね。

そして、悩むことや我慢することは大きなストレスに繋がります。これもお肌にとってよくないことになりますから、毎日を楽しくしていくこと、しっかりリラックスすること、食べることを楽しむこと、こういったことも大切にしていってくださいね。きっと美肌に繋がっていくと思います。

そんなあなたにおすすめの商品はこちら...

女性アイコン リラックマ

2018年9月4日

思春期ニキビで悩んでいます。ニキビでいつも顔が真っ赤です。洗顔は朝夜丁寧にして化粧水で保湿しています。油っぽいもの、甘いものは食べないようにしています。また、ニキビ跡もかなりあって本当辛いです。胸や背中にもニキビ、ニキビ跡がたくさんあります。どうしたら改善できるのでしょうか。

(※お写真付きでご相談頂いておりました)

プライマリーお肌カウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー お写真を拝見いたしました。
大きな炎症を起こしているニキビがあるという状態よりも、毛穴詰まりが多発している状態のように思います。
お肌の赤みも、直接的にニキビが原因でない場所もあるように思いますから、少しケアを見直してみましょうね。

ひとつ、気になるのが、朝夕丁寧に洗顔して、とあるところです。
洗顔は丁寧に行うべきことではありますが、それに伴い、洗顔時間が長くなってしまってはいませんか?
必要以上にクレンジングや洗顔を行ってしまうことで、肌に必要な皮脂まで落とし過ぎてしまうと、皮脂の過剰分泌の原因になってしまうこともあります。

また、保湿は、化粧水とのことですが、その後に保湿剤は使用されていますか?
化粧水だけでは、潤いをキープしにくいですから、保湿剤も使用されるとよいですよ。

角栓、毛穴詰まりが発生し、そこから白ニキビへと進行していっているように見受けられますが、角栓や毛穴の詰まりの原因となるところは、肌の潤い不足です。
肌に潤いが足りないと、毛穴の伸縮が悪くなり、皮脂の排出がうまくいかなくなってしまって毛穴が盛り上がり、白ニキビとなったり、ターンオーバーが乱れることで不要な角質が肌に残り、そこに過剰分泌された皮脂がまじりあって角栓を作り、毛穴を塞いでしまう、という悪循環に陥ってしまいます。

頬あたりの赤みを見ましても、潤い不足による赤みである可能性も考えられると思いますから、まずは、短時間での丁寧な洗顔と、たっぷりの化粧水で肌を整える、その後、オイルフリーのジェルや美容液などで潤いを逃さない様にする、ということを徹底してみましょう。

そうすることで、肌の水分量があがり、バリア機能がしっかりと働くようになると、お肌も明るく見えますし、毛穴詰まりや皮脂の過剰分泌も減り、ニキビもできにくい状態を作りやすくなりますよ。

そして、もう一つ気になるのが、栄養面からのアプローチです。
思春期ニキビでお悩みとのことですから、ご年齢的にも、色々なものが食べたい頃だと思います。好きな食べ物を我慢することは、ストレスになりお肌にとってよくありませんし、摂りすぎる必要はありませんが、脂質や糖質も身体には必要なものでもあります。

栄養面に関していえば、食べたい物を我慢する、特定のものを避けるというような、引き算の考え方ではなく、必要なものをきちんと摂る、足し算の考え方の方がよいと思います。

特に、ニキビにお悩みの方におすすめな栄養素の一つにビタミンBがあります。ビタミンBは、中でもいくつか別れ、B群として呼ばれることも多いですが、特に、代謝活動に関わり、かつ、ビタミンB群の中でそれぞれが相互作用を持って働きますから、一緒に摂った方がよりよく働きます。

ビタミンというと、野菜のイメージが強いかもしれませんが、ビタミンBは、肉、魚、卵といったような、タンパク質であるものに多く含まれています。成長期でもありますから、しっかりとこのような食材を摂ること、そして、カルシウム、亜鉛、鉄といったミネラル類も不足しない様に心がけましょう。

特に、亜鉛が少し不足すると、皮膚の皮がめくれやすい、小鼻のキワが赤い、鼻回りの皮脂が異常に多い、といったようなことがでてくることがあります。お肌の健康維持にも非常に大切な役割を持っていますから、摂りすぎる必要はありませんが、意識してみてください。

栄養面で身体を整えていくことは、お体全体を整えていくことになりますから、体のニキビにもよいですよ。

また、背中や胸のニキビは、栄養や睡眠といった体調に関わる点だけでなく、汗が溜まってしまうことや、洗髪時のシャンプーやコンディショナー、洗濯用洗剤、柔軟剤などが原因になることもありますから、この点も少し気を付けてみてくださいね。

そんなあなたにおすすめの商品はこちら...