肌のかさつきのご相談と対策

ここでは、「肌のかさつき」のご相談と回答を掲載しております。下に行くほどご相談日が古くなります。皆様のお役に立てれば幸いです。

女性アイコン ちょるる 様

2013年1月30日

お肌の悩み相談の質問

ここ2、3ヶ月ほど肌のかさつきで悩んでいます。保湿クリーム€等塗って保護していたのですが頬の赤味が今も消えません。口の周りもかさかさして少々皮がぽろぽろしております。あまりの寒さと、乾燥のせいだと思いますがどのように手入れするのが効果的でしょうか?宜しくお願いします。

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラーお肌の乾燥が原因だと思われます。保湿のポイントは十分な水分補給の後オイルを含んでいない保湿商品をご利用いただくのが基本です。

洗顔後にフェイスマスク(薬局にあります)やコットンに化粧水をしみこませ化粧水のパックをしたり、入浴時に美容液(コラーゲンなど)をつけたうえから蒸しタオルで数十秒パックしたりなどの方法によりお肌に短期間で潤いを持たせる方法もあります。

お肌の状態改善には一定の期間が必要だと思いますが、必要以上神経質にならずにやさしくケアをお続け下さい。

そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!

女性アイコン ラブ 様

2012年10月20日

お肌の悩み相談の質問

中2です。
最近ではなく、ずっとなんですがなぜか頬だけすごくカサカサしてかさつきがあります。
そのカサカサが嫌で皮をはいでしまい血だらけになります。
油は前までは悩んでいたのですが、あまり出なくなりました。
なので今は、油よりも乾燥で悩んでいます。
乾燥は夏から続いています。
しっとりの化粧水を使っても一向に治る気配がありません。どうすればよいのでしょうか?

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー頬は一般的にも乾燥しがちな部位です。
乾燥して皮がめくれているようですが、今後は絶対にはがないようにしてくださいね。
繰り返してしまいますと色素沈着して黒くなってしまう事もございます。
どうぞお気をつけくださいませ。

肌のかさつきが続いているようですので、洗顔料を使った洗顔は夜のみ行い、朝洗顔はぬるま湯でさっと流す程度にしましょう。

洗顔後はオイルフリーの化粧水でしっかりと保水を行い、乾燥が進んでいるようですので日中もこまめに化粧水をご利用ください。

コラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧水をご利用いただければ保湿力もあると思いますので、お肌の水分量が保たれれば乾燥は気にならなくなるはずです。

時間はかかると思いますが、根気強く焦らずにスキンケアを行うように心がけてくださいね。

そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!

女性アイコン as 様

-0001年11月30日

お肌の悩み相談の質問

2ヶ月程前から肌のかさつきがあり、季節の変わり目と仕事先が変わってちょうど2ヶ月頃だったので、そのせいかな?と思い、以前使っていて調子がよかった某メーカーの化粧水、乳液に切り替え、美容液なども使用していましたが、ここ1ヶ月化粧水をつけると顔がヒリヒリしてかさつき、昼間はファンデーションをつけているんですが顔をみるとカサカサになっており皮むけがたくさんできてしまいました。夜はかゆみもありひっかいてしまうこともあります。化粧水を変える余裕もなく、昼間お化粧をしないわけにもいかずなのですが、日ましに顔が赤くなり肌を触るとガサガサがひどくなっています。一体どうしたらいいのか?毎日の悩みです。ストレスのせいと思い、仕事先を変えました。これで治るとは今更では遅いと思うのですが、元の状態に戻すにはどうしたらいいのでしょうか?すごく悩んでいます。何か良いアドバイスがあればお願い致します。

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー 肌荒れがおきたときはお肌に刺激を極力与えないように、症状が治まるまでは洗顔料を使った洗顔を控え、症状が回復するまでは軽く水洗い程度にしましょう。症状が回復した段階で洗顔料の泡を短時間のせる程度の洗顔から徐々に慣らしていきましょう。

メイクを行っているのであればトラブルが収まるまではメイクはできれば控えましょう、どうしてもメイクを行う場合は極力ナチュラルなメイクを心がけ、必要なくなった段階ですぐに落としましょう。

肌にトラブルが出たときは何もしないことが基本です。洗顔を前述のようにおこなった後は消炎成分を含んだローションをご利用下さい、そのローションをコットンなどに含ませ気になる部分を3分縲鰀5分くらいパックするのも効果的です。まだコットン等が湿っているうちにやめましょう。長時間行うと逆効果になります長くても10分くらいです。

症状に改善が見られないときは早めに信頼でき皮膚科でご相談されるのも良いと思います。実際に治療を開始する場合はお薬による副作用や治療計画などをしっかり先生に確認しご相談者もご納得の上治療に取り組んでください。

そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!

女性アイコン ゆき 様

-0001年11月30日

お肌の悩み相談の質問

37歳主婦です。私はかなりの乾燥性敏感肌でいつも悩んでおります。今までもいいとゆわれるものは試してまいりましたが、なかなか合うものがございません。それどころか、逆に肌のかさつきがひどくなり、トラブってしまうことがほとんどです。すぐ赤み・かゆみが出たりで困っております。Tゾーンは化粧くずれがしやすく、その他はかさつきます。現在、某有名ブランドのものを使用致しております。これが私の肌に合っているとも感じておりません。ただぴったりくるものがないため、今まで数々の商品を試した中で、赤みやかゆみが比較的少ないだろうと思われるものをとりあえず使用しているという状態です。アドバイスよろしくお願いします。

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー お肌にトラブルがある状態では極力メイクを控えお肌の状態が回復するのをお待ち下さい。具体的には正しく洗顔を行うこと、角質に適度な水分が保てるようにすること、必要以上に外から油分などを与えないこと、お肌を強くこすったり長時間洗顔料の泡をのせたりしないこと、紫外線対策を怠らずに行うことなどです。まず洗顔方法は洗顔料できれば弱アルカリ性が良いでしょう。洗顔料を十分泡立てその泡をのせるような感じで短時間(長くても1分くらい)で洗顔します。ポイントは絶対にこすらないようにすることです。次に化粧水で十分水分を与えます。ちょっと多すぎるかなと思うくらいがちょうど良いでしょう。次に保湿ですがヒアルロン酸やコラーゲンといった本来人のお肌にある保湿商品がお勧めです。時間があるときにコットンなどに化粧水をしみこませてパック(3縲鰀5分くらい)するのも良いでしょうできる範囲で睡眠についても改善しましょう。人の体は皮膚も含めそのほとんどが夜作られます。それは午後10時から午前2時の間がもっとも盛んだといわれています。ですからその時間はできれば就寝していたほうがいいわけです。

そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!

女性アイコン あぶらかたぶら 様

-0001年11月30日

お肌の悩み相談の質問

28歳で第一子を妊娠中に、右頬に赤みと痒みとかさつきを覚えました。皮膚科での診断は接触性皮膚炎でした。ステロイドを処方されて塗るとすぐにおさまりましたが、それからも時々同じ箇所に同じ症状が出るようになりました。疲れたり、ストレスがたまったりすると出るようです。昨年12月に新しいクリームを使用したところ、右頬にひどい痒みとぶつぶつができました。別の皮膚科を受診したところ、化粧かぶれと脂漏性皮膚炎と診断されました。ステロイドを塗れば、かゆみはおさまりますが、毛穴が目立ちざらざらした感じになり、薬をやめるとまた痒くなるという悪循環です。以前は右頬だけだったのが、左も出るようになりました。乳液や、クリーム、日焼け止めクリームといった油分のあるものを使うと、てきめん症状が悪化するようです。先日あまりにも痒みがひどいので、化粧もまったくせず、顔も水だけで洗うようにしたところ、頬のかさつきはあるものの、痒みが出ないので、もしかして化粧品(皮膚科ですすめられた低刺激化粧品です)に問題があったのでは・・・と思い始めているところです。もうこの痒みと、ステロイドとの悪循環の日々はうんざりです。少しくらいしわや、しみがあってもいい、健やかな肌になりたいと心から思っています。甘い物は嫌いではありませんが、脂の多い食事は苦手です。お酒はたまに飲みますが、たばこは吸いません。アドバイスを御願いします。

お肌の悩み相談の回答 スキンケアカウンセラーからの回答

お肌の悩み相談カウンセラー 妊娠中にご相談者のようにお肌や体に種々のトラブルがでることはよくありますが、通常出産後には徐々に改善されていくのが普通です。したがって、ご相談者の肌トラブルは妊娠中のそれに対する対応によってっ結果的に新たなトラブルを発生させてしまったことも考えられます。お肌がトラブル状態である期間は、じっと我慢して何もしないことが解決の近道だといわれています。洗顔はぬるま湯だけで行い、メイクも行わないのが理想的です。消炎作用なる化粧水は使ったとしても、油分を含むクリーム系の商品は控えたほうが良いでしょう。ご相談者が現在おこなっている対応は理にかなった正しい対応方法です。できるだけステロイドは使わずに素肌自体が改善されるように少し長い目で見てください。食生活では抗酸化作用のあるビタミン類が取れるように緑黄色野菜や根菜類を多くとりましょう。サプリメントを上手に組み合わせるのも良いでしょう。睡眠もしっかりとるように心がけてください。お肌が少し落ち着いた段階で、泡洗顔を始めましょう、このときも洗顔料を充分泡立てその泡をのせる感じで絶対にこすらないようにしましょう。泡をのせる時間は最初は15秒くらいにして、徐々に長く(最大でも1分前後です)していきましょう。次に消炎成分を含んだ化粧水を充分お顔から落ちるくらいつけ、最後に油ではない保湿用の成分ヒアルロン酸やコラーゲンといった成分で保湿をおこないましょう。お肌の状態は一朝一夕では改善されません、少し時間はかかってもご相談者ご自身の素肌自体の力を高めることが結果的に健康でキレイなお肌つくりの一番の近道です。あせらずあわてずの精神で取り組んでください。

そんなあなたにおすすめのプライマリー商品は・・・
  • ▼ネット限定!【送料無料】▼
    あなたの肌が~うるぷる美白♪~
  • ▼ニキビケア ランキング1位▼
    もこもこ濃密泡で~キレイ肌っ!
NHKで紹介された無添加化粧品