永久保存版-過去の特集一覧

2009年

肌老化のスピードを遅らせるスキンケア

2009年11月20日

 マガジン500回を迎え、原点に戻って
 「スキンケア」についてもう一度考えて見ましょう。

 
  スキンケア・・・ 呼んで字のごとく

   「スキン」を「ケア」すること

 すなわち

   「素肌」を「世話、保護」することです。

 素肌は日頃から

   気温の変化・空気の乾燥・ほこり・雑菌・紫外線
 
   など様々な刺激にさらされダメージを受けているため
   何も世話しないと様々なトラブルに見舞われます。

 ですので 

   これらのダメージから素肌を保護し
   本来備わっている健康で美しい素肌を
   維持・回復させる機能を高めてあげること
   が大切なのです。

 ガーデニングが流行っていますが

  たとえると スキンケアは ガーデニングの土作りに似ています。

     水やりを忘れると 土は乾いて ひびが入ってきます。
     栄養が不足している土では 健康な植物は育ちません。

  素肌も同様に
    
     水分が不足すると 素肌はカサカサ乾燥し
     シワができやすくなります。
        
     栄養が不足すると 素肌の健康も保たれません。
 

 このように 美しく健康な素肌を保つには

   毎日のスキンケアによる 土台作りが大切なのです。

 
   ただし 毎日のスキンケアで余計なダメージを与えている
   ケースがあります。

   素肌に負担のかかる化粧品 間違ったスキンケア法・・・・
   これらにも注意が必要です。 

  本来 みなさんの素肌は美しいものです。

  その美しい素肌を取り戻し いつまでも健康素肌を持するために
  素肌にやさしい化粧品とお手入れ法で素肌環境を整えていきましょう。

  それこそが 本当のスキンケア なのですから。

  ★あなたの願いを叶える プライマリーアイテム! 
    https://shop.primaryinc.co.jp/primary/main_trial_camp.html

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

   ★今週のポイント 

      本来 みなさんの素肌は美しいものです。
 
      素肌にやさしい化粧品とお手入れ法で
    
      あなた本来のキレイな素肌を取り戻しましょう。

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

肌質の違いを作る出す紫外線

2009年11月13日

 先週、健康美肌の条件をお伝えしました。

 ◆詳しくは 前回の記事で↓

   【肌質チェック・健康美肌の条件】   

 このように7つの条件が挙げられます。

 みなさんはこれらの条件にいくつ当てはまりましたか?

 これらの条件にあてはまらないものが多いという方は、
 ちょっと考えてみてください。

 一般的に赤ちゃんや幼い子供は
 これらの条件に当てはまっていませんか?

 ところが

   大人になった現在、明らかに赤ちゃんと差がある。

   さらに 同年齢でも 素肌の状態に差がみられる・・・

   というのは、歴然とした事実です。

 このように「肌質」の違いを作り出しているのは、何でしょうか?

 その要因は一概にはいえません。

 ただし 

  一番大きな要因としては 紫外線が挙げられます。

  紫外線によるお肌の老化は 「光老化」 と呼ばれます。
             ~~~~~~~~~~~~~
  アメリカ皮膚科学会の討論会で、
  目に見える皮膚の老化の80%は日光障害
  「光老化」の影響であるとの結論が出されています。

  老化には自然老化もありますが、
  自然老化は皮膚が乾燥し薄くなるもので意外と目立ちません。

 
  冬でも

    晴れた日の紫外線は日焼けするのに
    充分な量が降り注いでいます。

    ですので 日焼け止めは1年中使用することをおすすめします。
          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
  紫外線によるシミ・シワ・たるみ・くすみなど・・・
  
  これらがあとあと大きな老徴の差になって現れてきます。
          ~~~~~~~~~~~~

  続きは次週・・・

   ★会員様限定!1年中使える日焼け止め美容液
    >> https://www.primaryinc.co.jp/main/uv.html

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

   ★今週のポイント 

      肌質の違いを作り出す大きな要因の一つが

      紫外線対策です。       

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

肌質チェック・健康美肌の条件

2009年11月6日

 みなさんは 

   自分の肌のこと どれだけわかっているでしょうか?

 そういわれると なんだか不安になりますよね。

 いろいろな肌質チェックがありますが

  肌質を大きく分けると

    乾燥肌 脂性肌 混合肌 普通肌

  この4つに分けられると思います。

  しかし どの肌質だとしても 

   それが 美肌であるという条件になるのでしょうか?

   そうではないですよね。

 どの肌質かというよりも

   お肌がイキイキ健康であることのほうが

   よっぽど大切だと思います。

     
 健康な美肌の条件をあげてみると・・・

  1.潤っていること (みずみずしくてかさつきのない肌)

  2.なめらかであること (肌をさわるととても柔らかい)

  3・ハリがあること (肌がツヤツヤと輝いている)

  4.弾力があること (指で押すと、指先が押し戻されるような感じ)

  5.血行がいいこと (新陳代謝がスムーズに行われている)

  6.肌の色がイキイキとして透明感がある

  7.くすみやクマがない

 このように7つの条件が挙げられます。

 他にもあるかも知れませんが
 この7つの条件をみたしていれば
 まずイキイキ健康美肌だと思っていいでしょう。

 みなさんはどうですか?ぜひチェックしてみてください。

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

   ★今週のポイント 

      健康美肌の条件とは
    
      みなさんもチェックしてみてください。       

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

美肌を保つスキンケア

2009年10月30日

 先週・・・

  意外と 美肌を保っている人は いろいろなことをお肌に
  していないようです。

  無駄な刺激は与えず 適切なケアをほどよく行っているようです。

 とお伝えしました。

 ◆詳しくは 前回の記事で↓

   【美肌の人はどんなスキンケアをしているの】 
   

 では 美肌を保つスキンケアとは
     具体的にはどういったものなのでしょう?

 
 まず
 
    スキンケアを丁寧にするということを勘違いして
    逆にお肌に負担を与えているケースがあります。

    たとえば 

     洗顔で時間をかけるケース。

     TVCMでよく見かけますが 洗顔料の泡を
     お顔に長時間つけてクルクル回して・・・

     洗顔料を長くつけると 逆にお肌に負担となり
     肌トラブルを引き起こす原因になりかねません。

     洗顔料をお肌にのせておく時間は30秒以内の
     短時間にすることをおすすめします。

     さらに 洗顔する際は肌をこすらないように。

     基本的にゴシゴシこすらなくとも洗顔料の泡で
     汚れは落ちます。

 その他 
     
    特に注意してほしい洗顔のポイントを書いておきます。

     ・純石鹸など弱アルカリ性洗顔料を使っているか。
  
     ・洗顔料の泡立てはじゅうぶんか。
        
     ・じゅうぶん流水ですすいでいるか
  
     ・水滴をとる際、タオルでこすっていないか。

   そして 化粧水 と 保湿について。

     これらも大切なポイントがありますが
     今後お伝えしていきます。

 この機会に再度スキンケアについて見直してみましょう。

 また、スキンケアだけでなく食事や睡眠など
 日常生活にも気をつけ、万が一トラブルがおきても 
 改善しやすい身体をつくっていきましょう。

 スキンケアでは 
   とにかくお肌に負担をかけないようにして
   やさしいケアを心がけてどんどんキレイになって
   美肌を保ってください。

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

   ★今週のポイント 

      美肌を保つスキンケアとは
    
      お肌に負担をかけないようにして

      お肌を優しく守ることです。       

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

美肌の人はどんなスキンケアをしているの

2009年10月23日

 秋らしくなってまいりました。

 夏から秋へ・・・移り変わりのこの時期。

   ・ニキビや吹き出物が出ている・・・

   ・毛穴が開き気味・・・

   ・頬に赤みが・・・

   ・肌の透明感がないような・・・

 このように 肌がボロボロな状態の方 いらっしゃいませんか?

 夏の疲れが出たり、いろいろなダメージが表面化している
 のはわかるのだけど・・・

 しっかり朝晩 丁寧にスキンケアしているのにどこの
 化粧品を使ってみても改善しない。。。

 なぜ、自分だけがこんな肌なの・・・
 美肌の人はどんなスキンケアをしているの・・・

 自分の肌をキレイにするには、どうしたらいいの・・・

 いろいろ悩んで、それがストレスとなってお肌に影響が出たり、
 いろいろなケアを試して、それがお肌に負担や刺激となったり。

 こういった悪循環になっていませんか?  

  そんなに心配しないで下さい!

 
  前述のようなお肌の悩みがある方は
  お肌がデリケートな方が多いです。

 ちょっとしたことでも すぐに反応しお肌に影響が出やすい
 敏感肌なのです。

 ですので いろいろ悩んだり いろいろな化粧品を使用するのは
 逆効果だと考えましょう。

  
 こういう時は 足し算のケアではなく

    引き算のスキンケア を行いましょう!  
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 意外と 美肌を保っている人は いろいろなことをお肌に
 していないようです。

 無駄な刺激は与えず 適切なケアをほどよく行っているようです。

 具体的なスキンケアは次回お伝えいたします。

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

   ★今週のポイント 
    
   美肌の人はどんなスキンケアをしているの・・・
  
   自分の肌をキレイにするには、どうしたらいいの・・・

   いろいろ悩むと、それがストレスとなってお肌に影響が

   出やすくなりがちです。

 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

殿堂入りメルマガ
メルマガ購読・解除(無料)
 
  • top_ts_350_135
  • 7万人の声から生まれたニキビ石鹸