油断していませんか?!夏のニキビケアのポイントはこれ!

梅雨に中休み、紫外線が強くて日差しがとても強く感じられ、もう夏本番って
感じですね。
そこで今回、夏のスキンケアのポイントについていくつかお伝えします。

夏は皮脂の分泌が増え、あぶら浮きやテカリが気になる季節です。特にこの時
期、ニキビが気になる方、多いのではないでしょうか?

日本の夏は湿気が多く、汗をかきやすく皮脂の分泌も多くなり、汚れを吸着し
たりして皮膚表面に雑菌が繁殖する原因になり、ニキビにつながりやすくなる
季節です。ニキビ対策の基本はお肌を清潔に保つことです。

特に最近よくある弱酸性洗顔料はお肌がつるつるになったような感じがします
が、このように感じるのは洗浄力が弱く汚れが十分に落ち切れていなかったり、
洗顔料自体がお肌に残っているためということもあり、ニキビやくすみなどの
原因になりかねません。

日本の水では純石鹸主成分のアルカリ性のものが泡立ちがよく、汚れもよく落
ちます。洗顔料については下記のURLをクリックし参考にして下さい。
こちら→ http://www.primaryinc.co.jp/book/04-10.html

また、汗をかいたら着替えたり、軽くシャワーで汗を洗い流すのが一番です。
でも、日に何回も着替えたりシャワーを浴びるのは難しいですよね。

そこで、外出時はハンカチやウエットティッシュなどを活用して、こまめに汗
を拭き取るようにするのも効果的ですよ。ただ、一日中同じタオルやハンカチ
というのは、雑菌の繁殖が気になります。ニキビが化膿する原因はアクネ菌や
雑菌です。

清潔なタオルやハンカチを203枚持ち歩くか、ウエットティシュを活用しま
しょう。このとき、紙質の薄いガサガサしたティッシュもお肌への負担が大き
くなりますので、柔らかい材質の刺激の少ない商品を選ぶように注意しましょ
う。

拭き方はゴシゴシこすると汗で膨潤した皮膚を傷つけ、ニキビや肌荒れにつな
がることになります。上から軽く押さえて、タオルやハンカチに汗を吸い取ら
せるように拭きましょう。

もう1つ、大きなポイントは“乾燥”

「えっ、夏に乾燥?」なんて思っている方いらっしゃいませんか?
感覚や見た目では夏場の肌は何となくうるおっているような気がしてしまいま
すよね。

しかし、夏の肌は潤っているように見えても、クーラーがかかっている部屋で
は汗と一緒にお肌に必要なうるおいも失われがちです。手を洗ったあと、水分
をきれいに拭き取っておかないと、あとで手がかさかさになるのも同じ原理で
す。

さらに、紫外線によって日焼けするとお肌は乾燥します。紫外線の対策につい
ては過去のマガジンを参考にして下さい。

「夏は冬のように乾燥しないのでスキンケアは簡単に」というような思い込み
は禁物です!怠ると秋口にお肌の乾燥などトラブルがでてきますよ。

健康なお肌を保つには、夏場は特に汗に吸着したの汚れや皮脂をよく落として
清潔な状態にし、その上に必要な水分を補給、最後にしっかり保湿してお肌を
守ることが大切です。特にカサつきがちな敏感肌の方は充分保湿することをお
すすめします。

乾燥は、お肌のハリを失わせ、ニキビだけでなくタルミやシワの原因にもなり
ます。鼻のわきから、頬に向かうあたりの毛穴が開いていませんか?
毛穴が開くのは、お肌のタルミによるものですよ。

NHKで紹介された無添加化粧品
殿堂入りメルマガ
メルマガ購読・解除(無料)