大人にきび対策

大人にきび対策として、表示指定成分のはいった化粧品はもちろん
オイルの入った化粧品などは最低限、使用しないようにしましょう。

オイルが含まれている化粧品を使うことで毛穴がふさがり、にきびを
引き起こしやすくなったり、表示指定成分が触れるとにきびがもっと
ひどくなったりします。

特にニキビ対策の基本は洗顔です。

洗顔では弱酸性のものが増えていますが、洗顔料がお肌に残ってにきび
につながっているというケースもあるようです。弱酸性は欧米の化粧品
メーカーの考え方です。イキイキ素肌マガジンバックナンバーの第1回を
ご覧下さい。 http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000031249

さらに、シャンプーの香料や指定成分がお顔に残ったりして雑菌が発生し、
ニキビのもとになることもあります。神経質になる必要はありませんが
シャンプーも無添加のお肌にやさしいものにすることをおすすめします。

また、普段の生活面でも気をつけるべき点があります。

日常生活で気をつけてほしいのは、
(1)触ったり、余計な刺激を与えない。
(2)バランスの取れた食生活をする。
(3)できるだけ早寝早起きをする。
(4)ストレスをためない。

この4つです。

普段の生活の中で、癖でニキビをさわったり、その付近をさわったり、髪が
触れたりすると、アクネ菌や雑菌がついて、それが繁殖し、ニキビにつな
がっているというケースも多いです。

本人は触っていないと思っているのに無意識のうちに触っていることも
多いですよ。夜、寝ているときに触っていることもあります。綿の手袋を
して寝るのも1つの手です。

また、洗顔のとき擦ったりといった外部からの刺激があると、毛穴が
ふさがりやすくなりニキビができやすくなります。

食生活では糖分やアルコールは体内で中性脂肪に変えられ皮脂の分泌に
つながります。お肌も食事からつくられていますので、インスタントなどでは
なくバランスのよい食事を心がけてくださいね。

そして、夜更かしや寝不足、不規則な睡眠をとると、皮膚はアブラっぽく
なって毛穴に皮脂がたまり、ニキビが出やすくなりますので早寝早起きを
心掛けましょう。

その他、ストレスをためない。枕の上に清潔なタオルを引いて寝る。
タオルは毎日交換する。シーツや布団も襟口をタオル等で保護し、できる
だけ毎日交換する。などなど。気をつけるべき点はたくさんあります。

ニキビはぱっと治るということはありません。でき方が徐々に少なくなって
いるとうまく改善しているといえます。日常生活にも気をつけ、根気強く
ケアを続けてくださいね。

ニキビは表面だけ治しても根本から治さないといつまでも繰り返してしまい
ます。

日常生活にも気をつけトラブルが改善しやすい身体をつくっていきながら、
スキンケアでもとにかくお肌に負担をかけないようにしてお肌の自然治癒
力を高めるよう、やさしいケアを心がけましょう。

NHKで紹介された無添加化粧品
殿堂入りメルマガ
メルマガ購読・解除(無料)