美肌の差はこれだったskin

美肌の方に隠されていた「ヒミツ」

イメージ

20年以上にわたる研究結果から分かった美肌のヒミツ

○○成分配合、新処方、など・・・新製品が毎年どんどん世の中にでてきます。 しかし、どんなにいいと言われても、新製品はどんどんなくなり、また新しいものが生まれます。

本当に大切なのは、何なのでしょう・・・

皮膚生理学をもとに20年以上の研究の結果、そのヒントが美肌の方のお肌に隠されていることがわかりました!

それは皮膚常在菌です。

プライマリー化粧品は皮膚常在菌バランスを整える皮膚生理学から生まれた、品質の高い純粋な成分、お肌に効果的な成分を使用して作られた無添加化粧品です

常在菌とは?

  1. 美肌のカギは常在菌!
  2. お肌には人それぞれの「お花畑」がある!
  3. 常在菌の種類
  4. 大切なのは常在菌のバランスです!
  5. 美肌を保つためにスキンケア以外に大切なもの

美肌のカギは常在菌!

イメージ

膨大な情報があふれる現代。美容には何がいいのか、どうスキンケアしたらいいのか、よくわからないままアレコレ試し迷いつつ今のケアを続けているというのが、現状ではないでしょうか?

長年の研究により、皮膚には菌が常在しており、それがお肌の状態に大きく関わっていることがわかってきました。

皮膚常在菌はその種類や数が人により異なり、また、同じ人であっても菌の種類や数が日々変動し、それがお肌の調子を左右しているのです。

特に、お肌がしっとりしてツヤがある人は、皮膚常在菌が元気にお肌上に存在していることがわかっています。

常在菌がイキイキしていると、お肌もイキイキ健康になり、それが美肌につながっているのです。

ローションに常在菌バランスを整える成分を追加
商品イメージ

現行ローションの効果をそのまま残し、さらに優れた天然有効成分の添加に成功しました。

今までの薬効があるとされる特殊な天然水、様々な天然有効成分や生薬に加え、さらに有効成分、ビタミンC誘導体とバイオエコリアが追加されました!

バイオエコリアはグルコオリゴ糖やグルカンオリゴサッカリドと呼ばれ、お肌のpHバランス・常在菌バランスを調整して、清潔な肌環境を保ちます。バイオエコリアは善玉菌に働きかけ、活発にすることでお肌の上に天然のバリアをつくり、肌トラブルからお肌を守っています。

皮膚生理学的から生まれたプライマリー化粧品。素肌にやさしいケアを続け、素肌環境を根本から整え、ますますキレイな素肌を保ちましょう。

特殊な天然水についてはこちら

お肌には人それぞれの「お花畑」がある!

イメージ

実験で腸内常在菌を培養すると、様々な形や色の塊ができます。腸内でもたぶんそのような状態だろうということで、「腸内フローラ」(腸内のお花畑)と呼ばれています。

皮膚の上でも同様に常在菌がお花畑のように広がっていると考えられます。人はそれぞれ、様子の異なるお花畑をお腹やお肌にもっているのです。

常在菌は呼んで字のごとく、いつもいる菌で、赤ちゃんとしてこの世に生まれてまもまく、皮膚だけでなく、口腔、消化管などで様々な種類のものが増えていきます。

菌は、進化の過程において最初に現れた生物といわれ、ヒトが出現する前から地球上に存在しています。菌は、菌どうし勢力争いを繰り返しながら、居心地のよいところを見つけ住み着きます。そうしてヒトの皮膚や腸内に住み着いたのが人の常在菌です。

お肌全体で1兆個(100000000000個)ほど、その内お顔には約80万個(800000個)ほど存在しています。

常在菌の種類

イメージ

皮膚常在菌は人により異なりますが10種類ほど存在します。

代表的な皮膚常在菌の種類

  1. 表皮ブドウ球菌
  2. 黄色ブドウ球菌
  3. アクネ菌(ニキビ菌)
  4. 真菌類(カビ)

これらが適度に繁殖しているお肌は、しっとりツヤツヤしています。

しかし、普段はおとなしい菌が、何かのきっかけで大増殖すると、肌トラブルが起こります。

特に、普段は無害なアクネ菌が毛穴で増殖するとニキビができてしまいます。

このように、皮膚常在菌は普段は通常は無害ですが、
何らかの要因によって増殖すると肌トラブルを引き起こす原因となります。

大切なのは常在菌のバランスです!

イメージ

表皮ブドウ球菌は、皮膚にある汗腺から出てくる汗と、皮脂腺から分泌される皮脂をエサとして分解し、天然クリームを作ります。これが皮脂膜です。

この天然クリームが皮膚表面の角質層に適度な水分量を保ち、お肌のうるおいを保持するとともに、外界の様々な刺激からお肌を守ります。

私たちのお肌は日頃から、気温の変化や空気の乾燥、紫外線や雑菌、排気ガスやほこり、ダニやハウスダストなどいろいろな刺激にさらされているわけですが、 この天然クリームがそれらの刺激から守り、有害なものの侵入を防ぎ、体内の水分量を保つという、とても大切な働きをしています。

この働きが「バリアー機能」と呼ばれています。

汗や皮脂と表皮ブドウ球菌のバランスが保たれていれば、表皮ブドウ球菌が元気に育ち活動し、天然クリームも作られるという好循環が保たれます。

イメージ

ここで抑えておきたいのは、通常は皮膚常在菌は有益または無害あり、人に害を及ぼすことはありません。 問題は、皮膚常在菌のバランスが崩れ、アクネ菌などが増殖することが大きな問題であるわけです。

これは人が赤ちゃんとして生まれてからずっと行われてきた皮膚常在菌が毎日行っている天然クリーム生産の好循環を乱してしまうということです。この天然クリーム生産の好循環を止めないことが美肌を保つ上で最も大切なことだといえます。

だから皮膚常在菌のバランスを整えること、すなわち天然クリームをうまく作らせてあげることが重要なのです。では私たちはどうすることによってそれが出来るかというと…

天然クリームをうまく作る方法

  1. 必要以上に洗顔しすぎたり、こすりすぎたり、殺菌しすぎないこと
  2. お肌に負担の大きい化粧品を使わないこと
  3. 紫外線対策をしっかり行うこと
  4. 肌の機能を高めるシンプルスキンケアを行うこと
  5. 肌のうるおいを保つこと

お肌にダメージを与えることは、皮膚常在菌にダメージを与えることです。 紫外線は肌自体にも直接影響を及ぼしますが、皮膚常在菌にもダメージを及ぼしますのでしっかり対策を行いましょう。

さらに女性の場合、20代後半からは皮脂の分泌が少なくなっていきます。そうでなくても、現代は乾燥しやすい環境です。乾燥を嫌う皮膚常在菌のためにも化粧水・美容液でしっかり水分補給と保湿を行うことが大切です。

しかしここで注意が必要です。いろいろなものを肌につけすぎるスキンケアはどうでしょうか?いろいろなものをつけると肌の機能は高まるでしょうか?何でもやりすぎは良くありません。

肌の機能を高めるために皮膚常在菌のための皮膚生理学的に考えられた化粧品で毎日シンプルなスキンケアを行いましょう。

イメージ

スキンケアの基本は洗顔です

夜に排出された皮脂をやさしく取り除く、朝用の洗顔ソープと日中のしつこい汚れやメイクを取り除く夜用パウダー洗顔でお肌にやさしいうるおい洗顔を。

常在菌バランスを整える洗顔

必要以上に洗顔しすぎたり、こすりすぎたり、殺菌しすぎないことが皮膚常在菌バランスを整え、美肌につながっています。プライマリーの洗顔料は肌にやさしく作られ、皮膚常在菌バランスを整えるように考えられています。

美肌を保つためにスキンケア以外に大切なもの

イメージ

皮膚常在菌が大切なのはお分かりいただけたと思います。しかしながら化粧品だけでキレイになるのは難しいです。

充分な睡眠、バランスの取れた食事なども肌の機能を正常に働かせるために必要です。

美肌を保つためにスキンケア以外に大切なもの

  1. 充分な睡眠
  2. バランスの取れた食事
  3. 適度な運動を行う
  4. タバコやアルコールは裂ける

充分な睡眠、バランスの取れた食事、肌にやさしい毎日のスキンケアで皮膚常在菌をうまく育てていけば、肌の内部でもイキイキ健康な細胞が育ち、ターンオーバーもうまくいき、肌がいつも若々しい細胞に生まれ変わり、美しい肌が保たれます。

化粧品はその手助けをするものであって、それ以上でもそれ以下でもありません。プライマリー化粧品はそんな考えを元に皮膚生理学から生まれた皮膚常在菌を育てる化粧品です。

一つひとつはほんの少さいことですが、あなたがこれに気づき、毎日できるところから行動することにより素肌環境はよりよい形になっていくとプライマリーでは考えています。

  • top_ts_350_135
  • 7万人の声から生まれたニキビ石鹸